自然・環境

2021年8月12日 (木)

【グルメと庭園】バラクライングリッシュガーデン

時間が経ってしまったので簡単に(現在9/9)。

30年前にオープンして以来、まだ一度も行ったことのなかったバラクライングリッシュガーデンへ初めて行った。
無料券があったのだ(バラのない今の時期の入場料は800円)。
お庭を散策し、テラスでお茶を楽しもうということに。

「庭」の部分は前よりは広がったようだ(ずっと以前はもっと入場料が高くて、あっという間に歩き終わる狭さだったらしい)。
イングリッシュガーデンの好きな人ならたまらない環境なのかもしれないが、そんな高尚な趣味はもちあわせていないので、感想は「まあまあ」。
薔薇の時期に訪れると違うのかもしれない(ただしその時期は入場料が高いし、蓼科で過ごすには寒すぎるかも)。
白いアジサイが盛りだった。

その後、テラスでお茶を楽しむことにして、アフタヌーンティーセット1つと、アップルパイを注文した(2人分)。
ドリンクはセルフサービス。
暑かったのでアイスティーとアイスコーヒーばかり飲んでしまった。
どちらも美味しかった。
ちなみにアフタヌーンティーじゃなくて「ハイティー」のセット(要予約)を頼むと紅茶が陶器のポットで出てくるらしかった。

20210811barakura_tea1
20210811barakura_tea2
アフタヌーンティーセット(2000円)とアップルパイ(ドリンクとセットで1000円)。

アフタヌーンティーセットもアップルパイもまあまあふつうに美味しかった。
「映える」という意味ではとてもいいかも。
物販やカフェまでは入場料を取られないらしいので、それ目当てに来ることもできる。
(正直なところ、庭や草木の好きな人でなければカフェテラスから眺めるだけで十分という気がする)

バラクラカフェカフェ / 茅野市その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.3

以下、庭の草花を写真でご紹介。

20210811barakura01entrance

20210811barakura02route

20210811barakura03route

20210811barakura04route

20210811barakura_ajisai1
20210811barakura_ajisai2
20210811barakura_ajisai3
20210811barakura_ajisai4
20210811barakura_ajisai5
白い紫陽花「ハイドランジア・アナベル」。この季節の主役らしい。

20210811barakura05yellow

20210811barakura06pink

20210811barakura07pink

20210811barakura08fuyo
20210811barakura09fuyo
20210811barakura10fuyo
20210811barakura11fuyo
20210811barakura12fuyo
木槿の花にちびカエル。

20210811barakura13blue
20210811barakura14blue
20210811barakura15blue
20210811barakura16blue

20210811barakura17yellow
20210811barakura18yellow

20210811barakura19yellow

20210811barakura20orange

20210811barakura21orange
ダリア。

20210811barakura22yellow

20210811barakura23pink

20210811barakura24pink
20210811barakura25pink
20210811barakura26white
フロックス?

20210811barakura27white

20210811barakura28white

20210811barakura29whitepink

20210811barakura30pink

20210811barakura32purple

20210811barakura33purple
西洋風の花ばかりのなかで地味に頑張っていた(?)タチギボシ。

| | コメント (0)

2021年6月12日 (土)

【イベント】バジガク見学

時間が経ってしまったので簡単に(現在7/14)。

クラウドファンディングのリターンで、馬事学院を見学してきた。
本当はもっと早くに行くはずだったのだが、コロナ禍で延び延びになっていたのだ。

はるばる八街まで遠出し、学院ではまず代表者の説明や、実務担当者の報告などをひととおり聞いた。
支給された昼食(ほか弁だった)をみんなで食べたあとで、厩舎や放牧場、馬場などをあちこち見学した。
最後に馬に乗せてもらって、引き馬体験。
やっぱり馬に乗ると風景が違っていいなあああ。
お別れのときに代表さんに「うまくいく」の缶バッジをプレゼント。
喜んでもらえたみたい(?)でよかった。
https://bajigaku.site/2021/0612/139622/

ここの活動については賛否両論いろいろあるようなのだが(かなり激しい否定的意見もある)、申し訳ないけど自分はあまり深い知識がないので特に触れない。
ただ、だれがどのように儲けているとしても、畢竟、クラファンで何頭もの若い馬の寿命が延びたならそれでいいかなと、大ざっぱに思っている。

以下、この日の写真。

20210612bajigaku01
立派なバスで東京駅までお迎え。
中は冷房完備。道中、馬事学院を取材したNHKの番組2本を流していた。

20210612bajigaku02
厩舎にて。

20210612bajigaku03
引退馬の放牧場。
のんびり過ごさせれば気性もおだやかになるという説。
(競走馬は勝ってナンボなので競争心を持つように育てられてしまい、そのままだとふつうの乗馬に向かないとかなんとか)

20210612bajigaku04
放牧場にて。バジガクカグラちゃん。
とても人好きのする馬で、触っても全然嫌がらない。
奥のバジガクルピナスとはいつもいっしょ。

20210612bajigaku05
ポニーの遊び場にて。こちらはタワシちゃん。ずっと食べてます。
困ったことに、コロナ禍のせいで行き場のないポニーも増えているらしい。

20210612bajigaku06
走路にて。牝馬のバジガクデニム。

20210612bajigaku07
走路にて。ちょっと名前忘れちゃったがこの2頭は牡馬だったので、牝馬のデニムと近づけすぎないように注意しながら走らせていた。
いろんな注意点があるんだなあ。

20210612bajigaku08
引き馬で乗せてもらったスノーブラスト。
ベテランなんだそうだ。
こんな重たいニンゲンを乗せてくれてありがとね~。

20210612bajigaku09
20210612bajigaku10帰りは電車。八街駅から、せっかくなので「わかしお」に乗って帰った。

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

【展示】「ミイラ展」(国立科学博物館、東京・上野)

時間が経ってしまったので簡単に(現在1/22)。

ペルーのレイメバンバ博物館のミイラも出品されているというので、観に行った。

会場は、「1.南北アメリカのミイラ」「2.古代エジプトのミイラ」「3.ヨーロッパのミイラ」「4.オセアニアと東アジアのミイラ」という4ブロックに分かれていた。
ペルーのミイラはもちろん最初のブロックにあったわけだが、「南北」って……南アメリカのミイラしかいなかった気がするんだけど……(しかもほぼペルー一色)。

チャンカイなど南海岸部のミイラは、そもそもは遺体を放っておくとミイラになっちゃうだけで、エジプトのようにミイラを作ろうとして作られたわけじゃない。
まあ、ミイラ化することがわかったうえで埋葬しているのだろうけど。
ミイラの肛門に蓋をしてあったのが面白かった。

一方、チャチャポヤ=インカ文化のミイラは、海岸でなくアマゾン側、レイメバンバのコンドル湖のそばにそそり立つ崖の中腹から出土している。
湿度が高そうで、実際に霧が立つような環境らしい。
ただ、崖の中腹の高度はちょうど風通しがよくて、腐敗せずにミイラにできたらしい(土地の人たちがそれを知っててやっていたのだろう、と)。
実は、このへんの話を昨年のシンポジウムで仕入れてあったので、それも踏まえて鑑賞できたのはよかった。
レイメバンバもコンドル湖も素敵なところなので行ってみたいが、クルマで8時間かかるとか(湖はさらに馬で行く必要があったかも)。

古代エジプトのブロックはさすがに見ごたえがあった。
ミイラの作り方のビデオも面白かったし。
ただ、これまでに見た展示の繰り返しっぽいのは否めない。

ヨーロッパのミイラは、まあ、「偶然ミイラになっちゃった」やつばかりだった。
ミイラ文化はあまりないらしい。

オセアニアは、かつてのペルーと同じように、死者と生者の距離が近いようだった。
ある土地では死んだ人はミイラ化され、決まった場所に安置されて、何年かそこから生きている人々を見守る。
遺体が崩壊しちゃったらお役目終了で埋葬しなおすのだろうか(このへんがちょっとわからなかった)。
他にも死者の頭蓋骨を用いてオブジェのように飾るとか、いろいろ。

さて、わが日本にもミイラはいるが、日本は多湿でミイラづくりに全く向かない環境である。
ペルーのように「転がしておくとミイラになる」などとはあり得ない。
したがってミイラの点数もごくわずか。
そのなかで、江戸時代の本草学者のミイラというのがあって、これが傑作だった。
ミイラとしての完成度(?)も高いし、何よりこの本草学者は「自分の考案した方法でミイラを作れるはず」といって自分自身で実験したのだそうだ。
それを証明するために、子孫に自らの墓を暴いてよろしいとお墨付きを与えている。
ミイラは全体に赤い色で、これは柿の種(ホンモノの柿の種、タンニンが含まれる)を死ぬ直前に大量に摂取したのだろうということだった。
まあ、立派なミイラになっちゃって、ミイラのくせにどや顔してるようにしか見えませんことよ(笑)。

本来はその次(最後)に展示されていた「即身仏」の方が目玉だったんだろうけど、われわれは本草学者のミイラにすっかりまいってしまったのだった(笑)。

▼本展示のサイトはこちら。展示は2月24日(月・祝)まで。
https://www.tbs.co.jp/miira2019/

★追記: お土産販売コーナーのグッズはなんだかとても充実していた(笑)。

| | コメント (0)

2018年1月31日 (水)

【イベント】皆既月蝕


時間が経ってしまったので簡単に「あった」の記録だけ(現在2/8)。

▼19時41分。まだ月蝕が始まっていない。
20180131gesshoku01


▼21時05分。なんか肉眼ではもう欠けて見えてたんだけど、スマホで撮るとなぜか丸くなる。
20180131gesshoku02


▼21時45分。始まっていたはず。でもスマホで撮るとあんまり欠けて見えない。
20180131gesshoku03

20180131gesshoku04


▼22時01分。赤く欠けて見えていたが、やっぱりスマホはだめじゃあ。さすがに満月のようには写らなくなったけど。
20180131gesshoku05

20180131gesshoku06

▼手振れしたらしく変な軌道が(笑)。
20180131gesshoku07


▼22時54分。赤くもやもやした上弦の月のように見えてた。スマホだとこの程度にしか写らないが。
20180131gesshoku08

20180131gesshoku09


▼23時47分。もう終了してるね。月もこんなに高くなりました。おやすみなさい。
20180131gesshoku10


肉眼とスマホの画面とでこんなに違うのかと仰天した一夜であった……。
勝手に補正をかけてるんだろうな。
デジタルでも一眼レフだとそうはならないのかしらん?

そして月蝕は楽しかったけど、寒かった(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)

【展示】「海のハンター展」(国立科学博物館、東京・上野)


時間が経ってしまったので、簡単に(現在10/6)。
そしてだんだん日記が溜まってきたので、優先順位の高い順にアップしていく予定(つまり展示関連から)。

「海のハンター」というからてっきり魚ばかりかと思っていたら、アザラシなどの海棲哺乳類や海鳥も含まれていた。
確かに、ヤツらも海を漁場とするハンターだもんね。

昔(古生代・中生代・新生代)のでっかいハンターたち(の骨)を見たあと、深海・極域・外洋・浅海のブロックごとに魚や鳥の標本を見る構成。
その後、ハンターたちのテクニックと、逆に逃げる側のテクニックが紹介される(この部分はやっぱり何度見ても面白い)。
最後に、「ヒトも海のハンター」というコーナーがあり、そこではマグロやウナギの養殖について展示されていた。
環境問題もとりあげていて、全体に非常に力のこもった展示だった。

さて。
最後の環境うんぬんはどちらかといえば大人向けだが、そこまでの展示は気持ちいいくらい「小学生男子向け」になっていた。
その最たるものが、説明ボードの「二つ名」表示だ。
陳列されている標本に対しては一つずつ説明ボードが付けられているのだが、そこに必ず「こいつの二つ名はこれ」みたいなキャッチコピーが書かれていた(笑)。
たとえば、ネズミザメの名前の下には「亜寒帯の猛者」とか。
一事が万事こんな感じで、男の子が実に好きそうである(笑)。
考えるのは楽しかったろうが、ものすごい点数だからして結構大変だったんじゃないかな~。
まぁ、シンプルながら説明ボードにはしっかり力を入れているあたり、好印象。

陳列のしかたや壁に大きく描かれたイラスト、ちょっと注目してほしい話題を示すボードなんかも子供の注意を引くようによく工夫されていた。
基本的に中二病チック(笑)。
未来の研究者のハートをがっちりつかんでるといいね。

あとは写真でご紹介。


20160923seahunter01

右は展示のチケット。
左はいきなりお土産の写真。
ペンギン手ぬぐい、かわいい(ペンギンも海のハンター)。

20160923seahunter02

いにしえの海のハンターたち。でかい。
左下がショニサウルスの頭骨(レプリカ)だったかな?

20160923seahunter03

ショニサウルスの二つ名は「三畳紀の海の不思議」だって。

20160923seahunter04

中生代のタラソメドン(レプリカ)。でかい。

20160923seahunter05

「ハンタートピック」。
こういうやつもいっぱい用意されていて、なかなか面白かった。

20160923seahunter06

カルカロドンの模型かな。馬鹿でかい。

20160923seahunter07

サメコーナーにて。図による解説も力が入ってる。
サメ好きにはたまらんコーナーだったのかも(笑)。

20160923seahunter08

『シン・ゴジラ』第2形態(蒲田くん)の目玉のモデルとなったラブカ。

20160923seahunter09

このへんもサメコーナー。

20160923seahunter10

サメのホルマリン漬け。でかい(こればっか)。
この標本をどうやって作ったかの展示もあって、興味深かった。

20160923seahunter11

おまけ:物販コーナーで、海鮮の酒のつまみが売られていたのに笑った。

20160923seahunter12

おまけ2:物販コーナーの、くたくたシロクマくん(ホッキョクグマも海のハンター!)。
かわいいのでほしくなるが、ペンギン手ぬぐいで我慢我慢(かなり高価なので)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

【展示】「最強生物決定戦~テラフォーマーズ~」(サンシャイン水族館、東京・池袋)


意外に面白いといううわさを聞いて、頑張って行ってみた。
遅い時間に行ったところ、水族館の方は閉まってしまっていた。
「すわ、見られないのでは?」と焦ったが、水族館本体とは別なスペースで企画展示してるようで、こちらはまだ入場可能だった。

説明ボードはかなり力が入っていたが(特にネタ的な意味で)、実際の生物は全然動いていなかったりそもそも剥製だったりで、ちょっぴり物足りなかった。
デンキウナギは棒のように動かないし、ヒョウモンダコは丸まってしがみついててよく見えなかったし、モンハナシャコなんかニンゲンが水槽の前に来るとそっぽ向いて岩陰に入っちゃったりして、つまらないよぅ(笑)。

そんななかでサービス精神旺盛だったのは、タスマニアンキングクラブ。
ずっと動いていた(スピードは遅いけど)。
でっかいわー。
こんなでかいのと海中で突然遭ったら、心臓止まりそう。

20160528saikyo1
20160528saikyo2


しかし、なんといっても面白かったのは、あとから入ってきた二人の小学生(男の子)の反応だな(笑)。
実に男の子らしく大騒ぎしながら鑑賞していた(正しい鑑賞法である(笑))。
つきあっているお母さんも手慣れたもので、むしろ息子どもを煽ったりしてて、聞いててちょっぴり可笑しかった。


おまけの画像。↓
20160528saikyo3


グッズ売り場はいま一つだった。
今回の展示でとりあげた生物がらみのグッズがほとんどないんだもん(苦笑)。
モンハナシャコのぬいぐるみとか作ればいいのに。
ヒョウモンダコのスライムとか(笑)。

力の入った説明ボードなんかのおかげで(半分は小学生の男の子たちの会話のおかげで)まあまあ楽しめたが、入場料800円にしては展示数がちょっと少なかったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月15日 (金)

【展示】「恐竜博2016」(国立科学博物館、東京・上野)


時間が経ってしまったので、簡単に(現在5/11)。

スタンスのはっきりしたうまい展示だった。
最初から「キーワードは7つ!」というのを前面に押し出して、今回の展示で伝えたいことに、お客の注目が集まるようにしてあった。
(ちなみにその7つのキーワードは、「起源」「植物食」「飛翔」「水中進出」「赤ちゃん」「恒温」「鳴き声」だった)

自分が気に入ったのは、恐竜の大きさの展示表現。
チレサウルスだったかカマラサウルスだったか、子どもの骨格標本が展示されており、説明ボードに「親はこの○倍の大きさ」みたく書かれていた。
実はこれだけだとよくわからないんだけど、そのすぐそばの壁に親の輪郭がペイントされていて、どのくらい巨大化がわかるようになっていた。
こういう展示が今回は上手かったよなぁ。
「赤ちゃん」のコーナーでも、カスモサウルスの赤ちゃんの骨と、大人の骨格標本がそばに置かれて比較できるようになっていたし。

全体に、ビデオも含めて見るモノが多すぎず少なすぎず、テーマも絞られていて「うまい展示」だと思わされた。
恐竜分野の先生は、こういう展示の企画に慣れているのかも。
個人的には、クリーニング・ラボが作業者風邪によりお休みで残念だった。
映像だけでも気が遠くなるような作業なんである。ちょっと見たかったな。
(それが全部ボランティアなんだから、別の意味でも気が遠くなりそう)

いろいろあったが、実は全体を通して一番感じられたのは、「恐竜研究っていろいろ進化してるんだよ、面白いでしょ。君も一緒に恐竜の研究しない?」ってゆー、子どもたちに対する強烈なスカウト精神だった(笑)。
その意味でも、子ども向けインターフェースを十分に考慮した、いい展示だったと思う。

以下、写真。下3点が「赤ちゃん」コーナーでのカスモサウルスの赤ちゃんと大人の展示。

20160415kahaku_dynosaur1


20160415kahaku_dynosaur2


20160415kahaku_dynosaur3


20160415kahaku_dynosaur4


20160415kahaku_dynosaur5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

【展示】「大アマゾン展」(国立科学博物館、東京・上野)


うう、日記書くのが追いつかない……というわけであっさりと(現在6/10)。

基本的な構成はよかった。
アマゾン(の自然)に興味を持てる内容だ。

だがしかし!!
ただ一つの欠点において、落第だ!!

それは、「子どもから見たときにどうか」という視点が抜け落ちていることだ。それも綺麗サッパリ
(これはイベント企画会社の責任じゃないかと思う)

たとえば、展示されている剥製の位置がどれも微妙に高い。
大人は見やすいけど、子どもは?
大人に抱き上げてもらわないと見られないような展示に意味はあるのか?
しかも剥製なんかに付けられた説明カードが小さい!
大人だって見やすくないのに、子どもは?(しかも位置が高いし……)
さらに、カードもそうだが、説明ボードには漢字が多用され、ルビもなけりゃ専門用語の説明もない!
どんだけ不親切なんだ!
さかなクンを見習え!!(怒)
※ 本展示の公式サポーターであるさかなクンは、ピラニアのコーナーの壁に絵や文章を手書きしていた(見て読んで楽しかった)が、漢字にはすべて手書きでルビを振ってあった。ホントの話。

科学博物館なんだから、子どもを魅惑することもちゃんと考えるべきだろう。
(ええ、そのためにこそ我々の血税を使っていただきたい)
「理科離れ」がどーたら叫ばれているが、こういうところで「面白い! もっと知りたい!」って思わせないでどーする??

オーディオコメンタリーや子供専用貸出ボードなんかを使うと違うのかもしれないが、それは「全員サービス」でない以上、勘定に入れるべきではない!
オマケなしで、ただ展示を見ても「面白い!」と思わせる工夫をこそすべきなのだ。
「楽しみたかったら金払え」で通るアミューズメント施設じゃないんだぞ!?

内容や構成はいいのに、インタフェースに気配りしなかったせいで台無しである。
もったいない……………。
次回はちゃんと「子ども目線」まで考えた展示にしてくださいよ。

おまけの一言。
Tシャツ作るなら、さかなクンの書いたピラニアのデザインを使うべきだったな~。
とてもとても魅力的なのだ。
それがあればケチな私でも買ったかも(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月31日 (金)

【展示】「大恐竜展 ~ゴビ砂漠の驚異~」(国立科学博物館、東京・上野) #大恐竜展 #科博


年末は忙しくて行けず、年始もバタバタしていたらこんな時期に。
もうすぐ終わってしまうので、慌てて飛び込みで行ってきた。

地味ながら良質な展示だった。
私はさほど恐竜に思い入れがないので、ざっとしか見ないことが多いのだが、そうしてざっと見て回るだけでも結構いろいろな情報がわかるようになっていた。
たとえば、ひととおり見て回るうちに、それぞれのブロックで展示されている恐竜のサイズの違いが理解できる、とか(ちなみに全部が全部、全身骨格標本があるわけではないが、それでもわかるようになっている)。

構成がうまいんだろう。
派手なところが全然なくて、でも魅力的な、いぶし銀の構成力。

あとは、発掘の歴史を展示してくれていたのがよかったかな(付添いのお母さんも、恐竜にあまり興味がなくても人間に興味があると楽しめる部分があるってことで(笑))。
歴史と、それから現在の発掘の様子と。
現在の発掘の様子(映像)は特に面白かった。
ああいうふうにして骨を持ち帰るんだ~、知らなかった~。
まるで現地で大工さんをやってるような……。
恐竜の発掘をやりたかったら、発掘だけじゃなくってなんでも自分たちでできなきゃいけないんだなぁ。


20140131dynosaur1

デイノケイルスの腕の骨。デイノケイルスとは「恐ろしい手」という意味だそうだ。


20140131dynosaur2

サウロロフスとタルボサウルスの骨格。でっかい。人間なんか丸呑みされそう。


そして、超良質な展示のあとで、超キッチュなお土産に吃驚(笑)。
↓これがそのお土産だ!


20140131gobinotsuki1

「ゴビの月」

「ゴビの月」ってアンタ……あからさまに「萩の月」のパクリだよ(笑)。
でもって「なぁんだ、ただの『萩の月』かぁ」と思っていたら、中身は「萩の月」じゃなかったってゆー……。


20140131gobinotsuki2

「ゴビの月」の中身はシフォンケーキ(「萩の月」は蒸しケーキだよね)。


何から何まで突っ込みどころ満載な土産物であった……!
ゲーム仲間のところへ持って行って、みんなでひとしきり笑って食べましたとさ。

それはともかく、展示自体はなかなかよかったので、まだ見ていない方はどうぞ。

そしてまた余談だが、出口付近にあった映像コーナーで見た光景の話。
5歳くらいの男の子が真剣に恐竜の映像に見入っていた。
その後ろからお父さんが、「まさに次の瞬間、でかい肉食恐竜が……!」ってゆー絶妙のタイミングで、わざと肩を叩いて脅かしていた。
すっごくおかしかった。
悪いパパだなぁ(笑)。子どもにぽかぽか叩かれてました(笑)。

▼この展示は2月23日(日)まで。サイトはこちら。
http://daikyoryu.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

【展示】「深海展」3回目(国立科学博物館、東京・上野) #深海展 #科博


別な友人を連れていくので、土曜日にラスト一回。

まず、入場まで60分待ち。
いや~、待った待った。
それでも「真夏の100分待ち」よりはマシだったが。
ちなみに先週の土曜に来た妹たちは40分待ちだったらしい。

入ってからも凄い人ごみ。
人、人、人。
どこに展示が?(笑)

自分はもう三度目だから、どこに何があるかわかりきっているけど、これ、初回の人はたいへんだなぁ。
たいへんというか、気の毒というか。

この展示は「非常によくできている」と、これまで二度ほど書いてきたが、こんなに混雑していては展示の工夫や演出が伝わるかどうか怪しい……。
それは悲しいことだ。
あれだけ【深海愛】に満ち満ちた展示も、人ごみの前には無力、みたいな…………悲しい(苦笑)。

自分としては、最後にもう一度、深海からやってきたカニさんを見て満足した。
とりあえず、ガラスを叩いてカニさんを怖がらせるようなイジメっ子は今回もいなかったので、よかった(笑)。

実はかなり秀逸じゃないかと思われるコーナー、第二展示会場(物販の手前)にあった「私たちの生活の中で(知らないうちに)使われている深海魚とその使用例」は、何度見ても面白かった。
でも、このコーナー自体もいいけど、実はここを見ている人たちの反応が一番面白かったりする(笑)。
友人曰く、「フィッシュバーガー」の模型とそれに使われている深海魚の模型を見ながら、「フィレオフィッシュって、じゃあ、何でできてるんだ?」と若者がのたまっていて、「だから、目の前にあるだろ」と突っ込みたくなったとか(笑)。
もっとも、もしかすると「フィレオフィッシュはもっとトンデモない材料に違いない」と思って口にしたセリフだったかもしれない?(それもあり得るか……)

20130928shinkai1

深海魚の身近な使用例、キャビア。


20130928shinkai2_2

深海魚の身近な使用例。
ファミレスなんかで出てくる「白身魚」もここにいた。
聞いたことない名前のお魚だったりする。


それにつけても、もうちょっとこの休日の混雑が何とかならないと、企画者の意図が伝わらず、みんな「話題の展示に行った」だけで終わっちゃう~。
大人はまぁそれでもいいや。
でも子供、特に中学生くらいの子供たちには、じっくり見てほしい展示だったなぁ。
きっとそれまで「深海」というコトバでしかなかったものが、もっと具体的で身近な存在になったはず。
それで何かが変わる子も現れたかもしれない。

こういう良質な展示を、土日以外の空いてる日に見られる生徒が増えますように(学校側の取り組みによって)。
そして科博が土日くらいは18時まで開館を延長してくれますように(こういう企画展だけでいいし、「混雑する」ってわかってから対応するのでもいいんだから)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧