映画・テレビ

2024年1月18日 (木)

【映画】「首」

時間が経ってしまったので簡単に(現在2/14)。
ネタバレあるけど……読んだところで、実際に自分で見なければあの強烈さはわからないと思うので、未見の人が読んでも読まなくても問題なし(読んでもたぶん訳がわからないと思われる)。

すっげードライ。
お涙頂戴の箇所が一つとしてない。
出てくる奴らはみんなクソ野郎ばかりだし(いやホント)。
すぐ死ぬし。
あっという間に死ぬし(弓コワイ)。
人命使い捨てだし。
タランティーノが見たら狂喜乱舞しそうな映画だった。

そして何から何までが茶番だ(作品が、じゃなくて、作品中で登場人物たちがやってることがすべて)。
衆道もバリバリで狂気の世界のように感じられる(衆道最盛期……)。
「裏切ったな」じゃなくて「あいつに抱かれたんだな?(=浮気した、変心した)」ってセリフが出てきちゃうのだ。
アイツらなんなの?
下賤のアタシには「侍の好いた惚れた」はわからん(LGBTとかゆーハナシじゃあない)。
BL好きの人が見たら一気に脱落しそう……まあ昔から腐女子はガチBLキライとゆーし……。

じゃあ侍じゃない百姓あがりの秀吉なら理解できるかってーと、これがまた……(笑)。
ひでー男で……(笑)。
確かに共感できるところもあるよ、毛利の切腹前の「一差し」なんかうっかり「何やっとんじゃ」って自分も思っちゃったし。
でも自分しか大事じゃなくて、志も別に高くなくて、それが証拠に最後の大どんでん返しのところでも率先して行くわけじゃなくって官兵衛と秀長に「お前ら行ってこいよ、俺はここで待ってる」みたいにやらせようとする秀吉、サイテーだよ(笑)。

タヌキおやじ(家康)の影武者消費っぷりも笑えた。
何人もどんどこ殺されるもんだから、だんだんぞんざいになっていって、敵方も顔を見るだけで「偽者」ってわかっちゃうという(偽者だってどのみち殺すけど)。

見るだに「この世界は狂ってる」と思わされるワケだが、それでいてすごくリアル。
もうダメ。
この強烈なリアリティに太刀打ちできるものは出てきそうにない。
今後、戦国時代を扱ったどんな作品を見ても読んでも「でも結局ああいう奴等(世界)だからなー」で上書きされちゃう、絶対(例:どれだけカッコイイ織田信長が出てきても「しょせんアレだし」となって冷めるな、絶対)。
久しぶりに自分のリアリティを書き換える作品だったわ。
お涙頂戴好きの日米じゃ無理だろうから、カンヌとか金熊とか総なめしてほしい(←無茶ぶり)。

| | コメント (0)

2024年1月12日 (金)

【映画】「アクアマン~失われた王国~」

時間が経ってしまったのでごくごくごく簡単に(現在2/14)。

「脳筋なのかな~」と思って見に行ったが、本当に何から何まで脳筋だった。
びっくりするくらい脳筋。
「頭を使え」と云うシーンがあったけど、まあ、15秒くらい?
アクアマンのサイドが頭を使おうとした時間は、全編通しても1分に満たなかった気がする。
深海で生きてると深慮はできなくなるのか?
水圧に負けじと身体を張ってると頭を使えなくなるとか??

特に何も考えず、「ガハハハ」と笑って見るにはいい作品かも。
あるいは「そんなバカな」と云い続けるとか。
ただし2000円払うとビミョーな気持ちになると思うので1500円くらいで見よう。
深さを求めてはいけない、絶対に(水深を除く)。
アジア系の科学者が作品に楽しい風味付けをしていた。

| | コメント (0)

2024年1月 9日 (火)

【映画】「ゴジラ -1.0」

時間が経ってしまったのでごくごく簡単に(現在2/9)。

評判が高いので見に行ってみた。
なるほど、面白かった。
以下、ネタバレあるかもなので見ていない人はここでストップ。
個人的には白黒で見るのがおススメかも(自分はカラーで見ちゃったけど)。


確かに面白かった。
とりわけ魚雷引き上げ船の面々は、すごく味があって、見ていて楽しかった。
基本的に俳優力はかなりの高さだった。
演技力で作品自体を引っ張り上げてるイメージがある。

ただまあ、戦中戦後にしてはお顔が綺麗すぎるかな……。
かなり頑張って瓦礫だらけにしてたけど、服も肌も綺麗。
これは白黒で見たほうがいいのかも、と、あとで思った。
(白黒で見ればきっと気にならない)
あとはヒロインが生きてたのはちょっと……あれで「作り話」感が一気に増した気が……。

まあ、総じて面白い作品だった。
CGの違和感もほぼなかったし、超娯楽大作。

| | コメント (0)

2023年12月22日 (金)

【映画】「鬼太郎誕生」

時間が経ちすぎたので簡単に(現在2024/1/24)。

まだアニメだとこういう暗い物語を紡げるんだな。
暗いというか業が深いというか。
登場人物らが皆が皆なにかを背負っていて、背負っているものの陰が目に見えそうなレベルでヤバかった。
なんというか、(自分自身の)心理ゆえに、実際の色合いよりも画面が暗く見えてるんじゃないかって思えてしょうがなかった。
これは脚本と演出の力が大きいんだろうな(そしてそれを台無しにしないミラクルな作画レベル……)。
この昏さは、戦中戦後を直に知っている人じゃないとなかなか出すのが難しい、少なくとも戦中派のハナシを直に聞いた人じゃないと。
そういう意味では「最後の作品」かもしれない。

| | コメント (0)

2023年12月15日 (金)

【映画】「すみっコぐらし ツギハギ工場のふしぎなコ」

時間が経ちすぎたので行った記録だけ(現在2024/1/9)。

やっと見ました。

総じてかわいいんだけど、あの場面はちょっと……。
電脳コイルの一場面を思い出してぞッとしてしまった(笑)。
ツギハギ工場はどんどんブラック化していくし、ふわふわかわいいだけですまないのがすみっコぐらしってことで(?)。

まあ楽しかった。

| | コメント (0)

2023年12月 7日 (木)

【映画】「駒田蒸留所へようこそ」

ものすごく時間が経ってしまったので記録だけ(現在2024/1/8)。

アニメや漫画の感想は書かないことにしていたのだが、とりあえず「劇場版見ました」の記録だけは付けることに方針変更。
全部忘れる鳥頭まっしぐら(ってゆーかもうすでに鳥頭)なので外部記憶が必要だ。

でもって感想も一言だけ書いておくと、なかなかに面白かった。
ここって「有頂天家族」のTVアニメを制作したのと同じところだよね。
背景描画が独特でおもしろい。
おもしろいだけじゃなくて、その土地の空気感がなんとなく感じられるのがいい。

あとは物語が珍しくウェットすぎないというか、御涙頂戴に甘えるところがないってゆーか、恋愛方面に逃げてないってゆーか、物語自体の力で勝負しているところもよかった。
脚本でいろいろ仕込まれていたのに押し付けがましさが全然なくて、素直に作品を楽しめた。

| | コメント (0)

2023年11月30日 (木)

【映画】「翔んで埼玉2~琵琶湖より愛をこめて」

ものすごく時間が経ってしまったので記録だけ(現在2024/1/4)。

「きわきわまで攻めてるから、公開中止になる可能性がないわけじゃない」との報告を受けて、早々に見に行った。
確かにキワキワだった(●●●ーランド……)。
しかし今のところ公開中止にはなりそうにないから、まだしばらくはたくさんの人が見に行って笑って帰れることだろう。
とにかく最初から最後まで笑える映画だ(自分も腹を抱えて笑い転げてた)。

いろいろツッコミどころ満載なんだけど、書いてるとキリがないし、ネタバレはよくないし、「とにかく笑える」とだけ書いておこう。
ぜひともご自分で見に行ってください(笑)。
そうそう、いろんなネタも楽しいが、何しろ出演してる役者さんたちがだれもかれも生き生きと楽しそうに演ってる点で素敵な作品である。

| | コメント (0)

2023年11月17日 (金)

【映画】「SISU」

ものすごく時間が経ってしまったので記録だけ(現在2024/1/4)。

友人が見たがっていたのと、意外に評価がものすごく高かったのとで見に行ってみた。
自分にはバイオレントすぎてちょっと合わなかったかな。
練りに練った脚本で「これでもか」とさまざまな暴力を見せてくる。
「リアリティ」はけっこーギリギリな感じ(片足のつま先くらいはファンシーに突っ込んでるかも)。
持たざる者が意志と経験によって持てる者らをボコボコ(グサグサ)にする系が好きな人向け?

まあいろいろあるんだけど、どうせフィンランド語が混じるなら、ドイツ兵たちの話す言葉も英語じゃなくてドイツ語にすべきだったんじゃ?
「映画なんだから」とは思うものの、ドイツ兵たちがペラペラ英語を話しているのはいまいち違和感が……。
(ドイツ兵がフィンランド人たちに話しかけるときは英語でいいと思うんだが)

犬がご安全だったのはよかった。
(この作品、「犬は死なない」って映像広告を打ってたので、それだけは安心して見ていられた)
でも馬がかわいそうだった。

| | コメント (0)

2023年11月13日 (月)

【映画】「ヴァチカンのエクソシスト」

時間が経ってしまったので簡単に(現在12/27)。

評価が高くてすごく気になっていたんだけど、会社が忙しくてどうしても見に行けなかった作品。
新文芸坐でかかるというので、頑張って見に行ってみた。
なかなか面白かった。
以下、ネタバレが嫌な方はここでストップ。


どうしてあんなに評判がいいのかと思ってたけど、「バディもの」だからだね、きっと。
教皇庁から派遣されたベテラン司祭(ラッセル・クロウ)と、現地の教会を預かる若手司祭(ダニエル・ゾバット)とが、だんだんといいパートナーになっていく。
悪魔祓いの物語として見ることができる一方で、「バディ誕生」の物語としても見ることができるのだ。
続編はないだろうけど、あってもおかしくない構成で、まあ「のちの物語は自分で妄想してください」みたいな?

悪魔に取り憑かれた少年ヘンリーを演じる子役がかなり上手かった。
声(セリフ)は大人の俳優さんが担当しているんだけど、嫌らしく嘲笑う表情とかもう「絶品」。
ちなみに悪魔アスモデウスの声も相当に嫌らしくてよかった。
声担当のラルフ・アイネソンは「レディプレイヤーワン」で主人公の叔母さんの恋人を演じていた人らしい。

ラッセル・クロウはちょっと見ないうちにあんなオジチャンになっちゃって(笑)。
まあ、「信念のヒト」らしさが出ててよかった。
そしてめっちゃ強そうに見える「信念のヒト」でも、乗り越えることが難しい心の傷を抱えて生きているのだな、と、そういう部分も丁寧に描かれていた。

超常現象は出てくるが、スーパーウルトラな物品とか非現実的な能力とかに依存するのではなく(力のあるアイテムは出てくるけど)、自分自身の弱い心との戦いに重きがおかれていたため、エクソシストもの(そんなジャンルあり?)のなかでは、おためごかしやわざとらしさが鼻につくことのない作品に仕上がっていたと思う。
元の書籍にもちょっと興味が湧くぐらい、面白かった。

| | コメント (0)

2023年10月20日 (金)

【映画】「ジョン・ウィック コンセクエンス」

時間が経ってしまったので簡単に(現在11/30)。
まだ見ていない方はここでストップ。


ドニー・イェンがキレッキレだった。
真田広之もよかったし、なんというか、監督の趣味の世界を観客みんなで堪能した感じ(笑)。
それにしても「ブレット・トレイン」でもそうだったけど、この監督の日本のイメージってどーなってるの(笑)。

後半、建物内で殺り合うシーンがあって、そこをずっと俯瞰で取ってたのが面白かった。
携帯ナパーム、ひでーな(笑)。
友人は俯瞰画面を「ゲームみたいだと思った」と云ってたが、自分にとってはそれ以前の殺り合いからすでにゲーム画面のように思えてならなかった。
なぜだか、1~3までと比べても、ゲーム的な印象が最初から最後まで強かった気がする。

決闘のとき、上着を脱ぐたびにチャリンチャリンとコインをばらまくような音がして「なんじゃらほい」と思っていたら、薬莢が落ちてる音だった(友人に云われて理解)。
決闘の場に来るまでにさんざん殺り合ってるから、その数たるや……。
防弾スーツ、半端ない。

そして犬は死ななかった。よかったよかった(笑)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧