映画・テレビ

2019年10月31日 (木)

【映画】「ボーダー」

時間が経ってしまったので簡単に(現在11/7)。

紹介文に「ダークファンタジー」と書かれていて、「ほう、そうか」と安易に考えていたら、真正のダークファンタジーだった。
むしろ、ほかに云いようがないという意味でのダークファンタジーかも。
こんな話だったとは。びっくりした。
というわけで、ネタバレがあるのでまだ観ていない方はここでストップ。
ただ一つだけ云っておくと、独りで見るのはあまりおススメしない(「恐怖」の作品ではないが、「畏怖」というオソロしさに襲われるかもしれないので)。
あと、「映画を見終わったあとは幸福になりたい」という人にもあまりお勧めしない。
「ひとあじ違う映画が好き」な人向け。


何しろ俳優さんたちが大変そうだった。
冷たい水に浸かってきゃっきゃうふふしなきゃいけなかったり、裸足で森をがしがし歩かなきゃいけなかったり、それを全部自然に楽しそうな風情で演らなきゃいけないんだから、えらい大変だ。
あと、虫。
昆虫食。
まあこれはCGであとから描き変えたかな~と思うけど、真に迫っていたし、もしも本物を……いやいや考えるのはよそう。

「どこの異世界人だろう」と思ってたら地上の種族だった。
でもニンゲンじゃない。
それがわかったあとのヒロインの解放されっぷりが、抑えた演技からでも伝わってくるようだった。
しかしあとで友人に指摘されたことだが、これってスウェーデンつまり北欧の映画なわけで、そこで登場するトロルってことは某●ーミンと同種族なの??
その点が一番ショックだったかも(笑)。

こういった「ちょっと違う」ヒトがあなたの隣にいたら、それはもしかするとチェンジリングの被害者かもしれない。
ああ、向こうの妖精って(あえて「妖精」と云う)、全然可愛くないし、オソロシイ。
向こうの人の自然観って、やっぱり敵対的で、理解しえないもの、断絶しているもの、なんだろうか。
ヒトとトロルの関係もそれに準ずる印象を受けた。
置き去りにされたトロルの子らもさぞかし人間社会では暮らしにくかろう。

「ちょっと違う」感覚、つまりちょっとした違和感がいくつもいくつも積み重なっていって、それらが最大の謎(ヒロインは何者であるか)と一緒に解決されていく手法は上手かった。
途中の、それら違和感にまつわるキモチワルイ感じの描写も優れていた(見てて嫌だった(笑))。
まさに「ダークファンタジー」だった。

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

【映画】「ジョン・ウィック:パラベラム」

「ジョン・ウィック」シリーズ3作目。
面白かったと思う。
アクションシーンは凄く目が疲れるけど(笑)。
以下、ネタバレあるのでまだの方はここでストップ。


殺し屋はみんな犬を殺されるとキレるものらしい。
身に覚えのあるJW(ジョン・ウィック)が文句を云えず、「わかってる」みたいに返したのがおかしかった。
そして犬のアクションは凄かった(見ててかなりコワい)。
馬も凄かったなあ。
犬だの馬だのを使ったアクションはいったいどーやって撮ったんだろう?
すごくキケンそうな匂いがするんですけど。
まあ、バイクもキケンではあるけど、動物よりはコントロール可能だし。

日本人(日系?)の殺し屋が出てくるんだけど、ハリウッド的日本で、「もうちょっと真面目に監修したらどーよ」って部分が多かったのは残念だった。
だいたい日本語のセリフ部分は吹き替えてやれよ~。
場内でみんな笑っちゃっただろー……決め台詞なのに。
そしてどーやら日本人はオタクとして描かれてしまうらしい。
うーん。
間違いじゃないかもしれないが。
ニンジャは間違ってます(笑)。
もっとも国内でも認識を間違えてるから、もうどうでもいいかぁ。

この映画の一番いいところは、死んでいくやつらがみんな悪人だってところだな(殺し屋とかギャングとか)。
一般ぴーぽーなのはJWの飼い犬くらいだ(ハル・ベリーの飼い犬は一般じゃあない)。
ほかはみんな死んでくれて構わない。
もちろん殺人は「悪」だけど、そこを見る映画じゃないしな。

それにしてもキアヌ様のアクションは凄かった。
ノースタントって、ハンパじゃないわ。
100%あり得ないけど、なろうと思えば殺し屋にもなれそう。
ナイフさばきとかもキレッキレだったし。
同じナイフでも賞金目当てのやんちゃな奴らが扱うのと違って、JWは急所にしか投げない。
それも一箇所ではなく複数箇所に、テンポよく。
芸術的だった。

最後の場面が終わった瞬間、「終わらないのかよ!」と口に出してしまった。
3部作で終了だと思ったのに~。
まだまだ続く、JW。
悪ノリが酷い。
まあ、悪ノリ以外では作れない映画だよな。

| | コメント (1)

2019年9月24日 (火)

【映画】「アド・アストラ」

時間が経ってしまったので簡単に(現在10/3)。

「2001年宇宙の旅」みたいな映画を21世紀のテクノロジーで作ってみた、って感じの作品だった。
ええと、ネタバレあるかもしれないので、まだ観ていない人はここでストップ。
これはネタバレしないほうがいい映画。
(そして感想を書くのが難しい映画でもある……)


人物の顔の大アップが非常に多かった。
顔がスクリーンの縦におさまらないくらいの大アップ。
しかもショットが結構長い。
これは「ミクロコスモス(ヒトの心)を撮ってるぞ」ってことだったんだろうか。

ええと、解釈が間違ってたらごめんなさい。
パパは結局、マクロコスモス(太陽系あるいは大宇宙)における孤独に絶望し、その事実(孤独)を人々に知らせまいとして地球に帰らない決断をした。
でもその絶望を共有できない他の乗組員たちは、地球へ帰ろうとして反乱を起こし、それが宇宙船のエンジン暴走?に帰結し、「サージ」という超絶危険な現象の原因となったようだった。
パパはマクロコスモスしか見ていなかった。
ふつうの人々はミクロコスモス(隣人)も見るから、マクロコスモスでの孤独が確立したからってそこまで絶望しない気がする(そりゃ反乱も起こるわ)。
息子は、パパがマクロコスモスしか見ていなかったことに気づき、自分にとってはミクロコスモス(隣人)も大切なコスモス(世界)であり、それと向き合うことを決心する(ので、一人きりの飛行という孤独にも耐えて地球に帰還する)。
っていう話だった?

それにしても。
トミー・リー・ジョーンズったら、「スペース★カウボーイ」に引き続き、「アド・アストラ」でも最後に宇宙の藻屑と消える運命とは、ね。
同じく「スペース★カウボーイ」に出演していたドナルド・サザーランドも共演していて、何かの符牒かと勘繰りたくなっちゃった(まあ、あちらはハリウッドらしい根明なハナシだったけど)。

そしてブラピ演じる主人公の宇宙飛行士の強さ(動じなさ)が、「狂気」と紙一重のように映った。
あれもマクロコスモス的な俯瞰をしていたからなのかなあ。
そうであれば、ミクロコスモスと向き合うようになると、ちょっとは弱くなるのかなあ。
自分にとっては、宇宙(マクロコスモス)の映像よりも、ヒトの心象(ミクロコスモス)の方が印象深い作品だった。

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

【映画】「トールキン」

ご存知『ホビットの冒険』などの作者であるトールキンの若かりし時代にスポットを当てた映画。

彼の青年時代の体験が、そのまま作品世界に反映されているという、とてもシンプルな図式に基づいて作られていた。
つまり、第一次世界大戦の従軍体験が、指輪物語における、人間らの生存がどうしようもなく脅かされている世界の創造につながるのであり、戦地で彼にしつこく付いて回って助けてくれた部下のサムが、忠実なるサムワイズ・ギャムジーのモデルとなるのであり、もっと若いときキング・エドワード校から培ってきた T. C. B. S. の 友情が「仲間 fellowship」を謳いあげるもととなったのである、という映画だった。
あとはロマンス(同居する孤児のエディスとの恋愛が、エルフに恋する物語を生んだ)。

ということなんだけど。
映像や各場面の雰囲気は素晴らしかったが、図式がシンプルなのはいいとして、その表現までもが若干シンプルすぎるきらいがあった。

まあ、第一次世界大戦の出口の見えない泥沼のような表現はなかなかだったよね。
もはや人間対人間の戦いではなく、ただ強大な悪意が人の命を刈り取ってゆくだけの血の荒野。
その血の荒野こそが冥王サウロンとなったにちがいない(という図式)。

あとは、その図式でいくなら、どうして T. C. B. S. の面々とのスイストレッキングを描かなかったのかも気になる。
ウィキペディアにも書かれているが、仲間たちとのその冒険こそがビルボの旅のもとになっていたようだから。
時間制限??

全体に、雰囲気はいいが、パンチがない映画だったかな。
まあまあでした。

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

【映画】「アイアン・スカイ:第三帝国の逆襲」

時間が経ってしまったので行った記録だけ(現在9/11)。
つーか、書くのをうっかり忘れてたよ。
細かい感想は全部忘れた。
別に忘れて問題になるよーな映画じゃないからいいか(笑)。

一作目のほうが面白かったかなー。
今回の二作目は二作目で面白いっちゃ面白いけど、荒唐無稽さが変な方向(高等宇宙人説)へ行っちゃって、ヤリスギ感が………。

なお、この映画の一番のキモはナチスではない、「ジョブス教」である(笑)。
これについて笑うのがすべてと云っていい(ええ、iPhoneユーザーのわたくしも笑い転げましたとも)。
恐竜に乗ったヒトラーよりも何よりも「ジョブス教」(笑)。
ノキアの昔の携帯電話とか出てきたのも笑えた(とても重要なデバイス)。

続編がまだあるらしいが、うーん………。
とりあえず定価では見ないほうがいいかも(笑)。

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

【映画】「メン・イン・ブラック:インターナショナル」

時間が経ってしまったので簡単に(現在7/12)。

相変わらず馬鹿馬鹿しいや(笑)。
「ゴジラ」を見たあとだったので「やりすぎじゃないの」と思うこともあまりなかった(アッチのほうが「やりすぎ」感満載だったから)。
仰々しくしてみせるわりに実質を伴わないところとか、「遊んでる」。
以下、少しネタバレがあるので、まだ観てない方はここでストップ。


車のサイドミラーやマフラーが武器に変身していく様子などは相変わらず馬鹿みたいに凝ってて、見ているだけで楽しい。
ニューラライザーは相変わらずヒドイし(笑)、「お約束」がうまく散りばめられていた。

主人公の片割れ(男の方)はなんだか存在の堪えられない軽さを呈した男だった。
対するヒロインは魅力的だが頭でっかち。
まあ、正統なでこぼこコンビだよね(先輩白人と後輩黒人の組み合わせらしい)。
ストーリーはだいたい読めちゃうシンプルでオーソドックスなやつだし、シリアスな場面がゼロなので(あえてゼロと云っとく)、いっさい頭を使わずに観られます(笑)。

エージェントMが子どもの頃に助けたエイリアンと再会して、彼が去り際に云った言葉の意味を聞いたときは笑った。
Mも観客もてっきり名前だと思っていたら、あんな言葉だったとは……生まれながらのゴロツキだったわ。

しかし、主人公たちもリーアムも何もかもぶっちぎりで今回一番魅力的だったのは、ポーンだな(笑)。
超絶かわいい♪
それだけじゃなく、実際の役にも立つスグレモノ(役に立たないマスコットが多い中で……ホロリ)。
あのポーンがまた出てくるなら、ポーン目当てで続きを見に行ってもいいな!(続くのか?)

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

【映画】「ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ」

時間が経ってしまったのでものすごーく簡単に(現在7/3)。
TOHOがお安い期間に無理矢理見に行ってみた。
ネタバレあるので、嫌な方はここでストップ。
(ネタバレしたってどーってことない気もしますが……)


面白かったけど、いろいろと「やりすぎ」な感じの映画だった(笑)。
「なんじゃその設定は」とか「都合よすぎるだろ」とか「結構動けちゃってるじゃん」とか「その衝撃波くらって普通にしていられるのオカシイだろ」とかまぁイロイロ。

モスラがかわいそうだった。
所詮、虫だから弱いのね……そうか、「虫だ」と思えば同情も冷めるな(←ヒドイ)。
そしてツイッターを賑わせていたラドンの「ごますりくそばーど」評に、やっと納得がいった(笑)。
会社員ラドン、上司にゃ必ずごまをすり(笑)。

環境テロの人は至極迷惑だけども、「もう人間滅んだほうがいいんじゃね?」ってレベルに来てるんだなあという印象もなぜか同時に受けた。いいな、向こうは自浄作用があって。私らの世界にはないもんね。

渡辺健は、もちろんネイティブのように喋るわけじゃないが、英語で演技してても全く違和感がなくて、凄いと思った。
いやホント、凄いヒトだなあ。
今後のハリウッドでの活躍に期待。

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

【映画】「名探偵ピカチュウ」

時間が経ってしまったので簡単に(現在5/17)。

かーわーいーかったー♪
しょぼくれピカチュウとかやさぐれピカチュウとか、自分はかなり好き(いわゆる本家の「かわいい」ピカチュウよりもずっと好きかも)。
眉間にしわが寄りまくりのところとか、とにかく表情が豊かでたまらない(笑)。
限りなく「もふもふ」だし。
そして、そのもふもふな毛並みが、冒険しているうちにだんだん薄汚れていく感じがまたなんとも……「薄汚れた中年オヤジ」みたいで可笑しかった(友人は「うちの犬みたい」と云っていた)。

ストーリーはまあ、いたってオーソドックス。
これはもふもふでしかめっ面なピカチュウを鑑賞しに行く映画だよね!
その意味ではとても楽しかった。
続編がないだろうことが残念(なぜ続編がないのかは、最後まで映画を観るとわかります)。

なお、この映画に関しては、吹き替えでなく字幕版を強くおススメ。
吹き替えだと、「日本アニメの実写焼き直し」にしか感じられないかもしれない。
こいつは「別物」として見るべき。
それに字幕で見たほうが、アメリカ映画(ないしTVドラマ)の相棒式探偵もの(ないし刑事もの)の流れを汲んでいることが感じられるそうだ。

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

【映画】「ダンボ」(ティム・バートン版)

時間が経ってしまったので「観た」という記録だけ(現在5/10)。

なんだかんだでまあまあ面白かったけど、ディズニーアニメの「ダンボ」とは別物だった。
まずもってダンボがしゃべらないし(笑)。
ただの(耳が大きいだけの)子象である。

役者のなかではダニー・デビートとマイケル・キートンが突出していた感じ。
インパクト強すぎる、あの二人(笑)。

映画のかなりの部分(背景含め)が、CGじゃないかと思わせる作品だった。
逆に、あれがCGじゃなくて実写だったら、その現実感のなさの演出がスゴイかも。

最終的に、「おとぎ話」だった。
なんだかうまく説明できないけど、最後のシーンを見ていて切にそう思った。
ディズニー製作でも、やっぱりバートンはバートンだった。
(どうもサーカス興業でのピンクのシャボン象の場面を作りたいがためだけにこの映画を作ったんじゃないかっちゅー疑惑が……(笑))

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

【映画】「スパイダーマン:スパイダーバース」

時間が経ってしまったので簡単に(現在4/15)。
評判がいいので見に行きたいと、友人に引きずられて鑑賞。
なかなか面白かった。

ただ、目が疲れる(笑)。
自分らはわざわざ吹替え版を見に行ったので問題なかったが、この激しい場面展開で字幕を追うのは、かなりキツそう。
とにかく絵がよく動く。
アニメとしては正しく、とても良いことなんだけど、あまりに動きまくるので、目(と脳)の疲労が半端なかった(笑)。

主人公の坊やはガキっぽくて笑えた。
あと、お腹ポッコリでだらしないオッサンのスパイダーマンも。
それにしても、こんなにたくさんのスパイダーマンが描かれているとは……。

個人的には、なんとな~く、「ピクサー色をすべて払拭」しようという涙ぐましい努力がなされているよーな気がした……。
それには成功してると思う。

続編ができたら観に行くかな。
面白いのは面白かったから。
(でも自分としては同じものを二度観ようと思うほどではなかった)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧