アニメ・コミック

2024年3月24日 (日)

【映画】「鬼滅の刃」絆の奇跡、そして柱稽古へ

時間が経ってしまったので簡単に(現在4/15)。

最初は2月27日に見に行った。
TCXとかって、一番でかいスクリーンだった。
それから今回、チケット消化のために見に行った。
最初よりは小さいスクリーンだったが「轟音上映」とのことだった。

やっぱり面白いなあ。
TVシリーズなのに映画のスクリーンで見ても遜色ないクオリティだし。
うちは40インチだけど、やっぱりスクリーンで見ると事細かに見えていいなあ。
迫力段違いで、カタルシスもばっちり。
このカタルシスを感じるために見にきてるんだなあ(TVで見てもちゃんと感じるけど)。

そして「柱稽古編」、つまり新作部分が予想よりずっと長くって、十分に堪能できてうれしかった。
早く始まらないかな、柱稽古編。

 

| | コメント (0)

2024年3月 8日 (金)

【映画】機動戦士ガンダムSEED FREEDOM

時間が経ってしまったので簡単に(現在3/31)。

っていうか、アニメは「見た記録だけ」にすることにしてるし。
このもとのTVアニメは当時見てなかったし。

まあ、自分にとっては友人に付き合いがてら石田彰の声を聞きに行っただけなんで。
よかったわー石田彰サイコー。
あの「使えないな、ま、興味ないけど」ってビンビン伝わる感じがサイコー。
やはり●●やらせたら右に出る者なし。

双方向コミニュケーションって大切だ。
よいこのみんなはえいがにでてくるひとたちみたいに、じぶんのいけんばかりあいてにおしつけたらいけないよ?

| | コメント (0)

2023年12月22日 (金)

【映画】「鬼太郎誕生」

時間が経ちすぎたので簡単に(現在2024/1/24)。

まだアニメだとこういう暗い物語を紡げるんだな。
暗いというか業が深いというか。
登場人物らが皆が皆なにかを背負っていて、背負っているものの陰が目に見えそうなレベルでヤバかった。
なんというか、(自分自身の)心理ゆえに、実際の色合いよりも画面が暗く見えてるんじゃないかって思えてしょうがなかった。
これは脚本と演出の力が大きいんだろうな(そしてそれを台無しにしないミラクルな作画レベル……)。
この昏さは、戦中戦後を直に知っている人じゃないとなかなか出すのが難しい、少なくとも戦中派のハナシを直に聞いた人じゃないと。
そういう意味では「最後の作品」かもしれない。

| | コメント (0)

2023年12月15日 (金)

【映画】「すみっコぐらし ツギハギ工場のふしぎなコ」

時間が経ちすぎたので行った記録だけ(現在2024/1/9)。

やっと見ました。

総じてかわいいんだけど、あの場面はちょっと……。
電脳コイルの一場面を思い出してぞッとしてしまった(笑)。
ツギハギ工場はどんどんブラック化していくし、ふわふわかわいいだけですまないのがすみっコぐらしってことで(?)。

まあ楽しかった。

| | コメント (0)

2023年12月 7日 (木)

【映画】「駒田蒸留所へようこそ」

ものすごく時間が経ってしまったので記録だけ(現在2024/1/8)。

アニメや漫画の感想は書かないことにしていたのだが、とりあえず「劇場版見ました」の記録だけは付けることに方針変更。
全部忘れる鳥頭まっしぐら(ってゆーかもうすでに鳥頭)なので外部記憶が必要だ。

でもって感想も一言だけ書いておくと、なかなかに面白かった。
ここって「有頂天家族」のTVアニメを制作したのと同じところだよね。
背景描画が独特でおもしろい。
おもしろいだけじゃなくて、その土地の空気感がなんとなく感じられるのがいい。

あとは物語が珍しくウェットすぎないというか、御涙頂戴に甘えるところがないってゆーか、恋愛方面に逃げてないってゆーか、物語自体の力で勝負しているところもよかった。
脚本でいろいろ仕込まれていたのに押し付けがましさが全然なくて、素直に作品を楽しめた。

| | コメント (0)

2023年9月 7日 (木)

【映画】「SAND LAND」

時間が経ってしまったのでごくごくごく簡単に(現在10/27)。

ようやく鳥山明の画力にアニメの技術が追い付いた感じだった。
ドラゴンボールみたいなデフォルメ系はそれはそれでいいんだけど、Dr.スランプをリアルタイムで読んでた世代としては、鳥山明と云えばわちゃわちゃした描き込み(でも不思議と五月蝿くない)の印象なのだった。
そっち方面の「鳥山感」がよく出ていた。

絵はよく動くし、声優はバッチリだし(山路さん渋い~、田村さんテンポよき~)、最近のアニメに超ありがちなこねくり回した設定などもなく!
ただシンプルに!
見てて楽しい!!
アニメってワクワクする!
終映後に「これでいいんだよナ」と友人と云い合ったのだった。

| | コメント (0)

2023年8月17日 (木)

【映画】「君たちはどう生きるか」

時間が経ってしまったので簡単に(現在10/5)。
というか、これは他人の口コミを見るべき作品とは思えないので、内容についてはほぼ書かないことにする。

曰く言い難し、な映画。

しかし、冒頭の何分間か使って描かれる炎の情景は、凄かった。
語彙力が不足して「凄かった」としか云えないのがもどかしい。
自分ではほかに形容しようがない。

キャラクターたちは流石にみんな魅力的だったが、美味しいところはキリコに持っていかれた感じ(笑)。

そしてスタッフロールを見てたら、なんだかTVシリーズとか劇場版とかのアニメの監督たちが原画マンをやっててスゲーわ(笑)。

わかりやすくないし、人気の出る作品ではないが、一見の価値はある。いろんな意味で。

| | コメント (0)

2023年6月29日 (木)

【映画】「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」

時間が経ってしまったので簡単に(現在8/2)。
まだ見てない人はここでストップ。


前作がそこそこ面白かったので(「めちゃくちゃ面白い!」ってほどではないにせよ)、続編を見に行ってみた。
評判はかなり高いのだが、個人的には「?」である。
とにかくガチャガチャしてて、わかりにくくて、表現が押しつけがましい(わざわざ吹き替え版を見に行ったのに)。
表現手法も「エブエブ」を見たあとだとさほど新奇には感じられないし、とにもかくにも「画面がうるさい」。
うるさくてわかりにくい。
画面がうるさいことに意味があるわけでなく、ただただ制作サイドが「見て見て凄いでしょ」と云っているようにしか。

しかも「話が終わらない」!!!!!
最後まで見て、「To be continued」だとわかったときの衝撃!!!(怒)
「続きがあるんだな」くらいではなく、本当に話の途中でぶった切っている終わり方なのだ。
というわけで私的な評価はダダ下がり。

前作はスパイダーマンのファンでなくても、何だったらスパイダーマンを知らなくても楽しめたと思う。
でも今作はもう無理。
スパイダーマンのファン以外にはかなりキツイ。
まあ面白そうな、魅力的なスパイダーマンもいたけどね、それだけでほかの部分すべてを耐えられるかって云うと……。
たぶんもう見に行かない。

| | コメント (0)

2023年6月 9日 (金)

【映画】「BLUE GIANT」

時間が経ってしまったのでごくごく簡単に(現在7/24)。

テレビで結構CMを流してたし(そこで聴く曲の一部がよさげだった)、評判も高かったので、がんばって見に行ってきた。
なるほど、これはドルビーとか音響のあるところで見ないと。
DVDを買っておうちで見ても、音楽面で満足できない可能性が高い。
(テレビにウーハー付けてるようなお宅ならともかく)

非常に音楽がよかった。
まあ、音楽を聴きに行くアニメ映画だよね。
ストーリーとしてはごくオーソドックスだが、音で伝わる熱量が半端ない。
もう一回くらい劇場へ聴きに行きたかったなあ。

| | コメント (0)

2023年2月11日 (土)

【映画】ワールドツアー上映「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ

時間が経ってしまったので簡単に(現在3/10)。
アニメについては感想を書かないことにしているが、記録がないとどんどん忘れるので、見た記録だけ。

いや~、大画面で見られてよかった~。
見ててワクワクドキドキしていられる。
声優さんもいいし!
キッチュの王道だがこれはこれでアリ(まあキッチュなだけじゃないしな)。
刀鍛冶の里編も楽しみだ。

| | コメント (0)