« 【グルメ】大黒家天麩羅 本店 | トップページ | 【グルメ】ディデアン »

2024年5月24日 (金)

【舞台】外組「亀屋ミュージック劇場(ほおる)」(浅草九劇、東京・浅草) #外組

Img_0904

時間が経ってしまったので簡単に(現在6/17)。

「刀が無い!」を観て以来、ファンになった外組の公演を、久しぶりに見に行った。
情弱のつもりはないんだけどマメじゃない(=無精)もんだから、ファンと云いつつ公演情報をよく見逃がしてきた。
でも今回はメンバーだったヒロキチ最後の舞台ということで、なんとか情報を追っかけて、チケット買って、指折り待って、満を持して観劇。

自分はどっちかっていうと外組がよく取り上げるような下町系あるいは人情噺の社会とは疎遠なので、ここの舞台はいつも知らない世界を見せてくれて印象深い。
今回の脚本はもともとイナダ組という劇団の脚本だそうだが、舞台は浅草・昭和のストリップ劇場で、ハナシはやっぱり人情噺。
落語に出てきそうな人物がいっぱい登場していた。

詳しくは書かないが、最初のほうの、ある人物に対する印象(有体に云って「ダメ人間」)が、一番最後に見事に引っくり返る(「根っから優しい人間」に)。
途中でもその呼び水というかヒントみたいなセリフや設定はあるんだけど、なぜか第一印象を最後まで引きずるようになっていたので、「ああそうだったんだ」と最後の最後にしんみり納得できた。
この構成が上手かった(演出は毎度こんな感じで上手い)。

演技については、外組の舞台は毎度毎度とても自然で、「セリフを聞いている」と身構えることがほぼゼロ。
前から2列目の席を陣取ったとはいえ、聞こえないセリフはないし、わざとらしさは一切ない。
毎度毎度「自然に」観ていられるのが、何気に凄い。
悪役もうまかったなー。
途中で過去話をやるときは一変して普通のいい人なんだけど、現在進行形に戻ると、そんないい人要素は全部払拭されちゃうくらい、きっちり悪役を演じきっていた。

途中で日替わりゲストが登場する場面があり、本日のゲストは、元・外組組長の中野マサアキさん。
「刀が無い!」で近藤局長を演じた人だ~、懐かしい~。
本編と切り離して、その場のアドリブで丁々発止とやるんだけど、受けるほう(ヒロキチさん)は大変そうだった(笑)。
まあ、客席からするとただゲラゲラと笑ってればいい感じで。
よく笑わせてもらった。

今回の舞台には鞭杆の先生がお一人出演されていて、やっぱり身体の切れがカッコよかった。
もっといろいろカッコいい役を観てみたいな、とも思ったのだった。

ヒロキチ退団で外組もキャスト1名だけになっちゃうのでどうなるのか心配だが、いまのところなくなるわけではなさそうだ(?)。
今後は情報を欠かさず追いかけられますように。

▼おまけの画像たち。

Img_0905
クラファンのお祝い熨斗紙。自分の名前もあった。

Img_0906
こちらはファンや後援者の投げ銭による提灯。
100個そろえたらしい(凄い)。
自分がお世話になってる鞭杆協会も出資してる!

Img_0907
舞台はこんな感じ。この場でずっとドラマが繰り広げられる。

Img_0908
左から三上さん、ヒロキチさん、中野マサアキさん。

Img_0910 
Img_0909
終演後のキャスト挨拶。

Img_0911
万歳!

 

|

« 【グルメ】大黒家天麩羅 本店 | トップページ | 【グルメ】ディデアン »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【グルメ】大黒家天麩羅 本店 | トップページ | 【グルメ】ディデアン »