« 【グルメ】刺身屋新太郎 本店のばらちらし | トップページ | 【グルメ】常陸野ブルーイング 丸の内 »

2020年9月 3日 (木)

【展示】「開校100年 きたれ、バウハウス~造形教育の基礎~」(東京ステーションギャラリー、東京・東京)

20200903bauhaus1

時間が経ってしまったので簡単に(現在10/21)。

建築好きの友人と、16:30入場回を予約して見に行った。
非常に充実した展示で、2時間でギリギリ見られる感じだった。

いちいち説明しないが(できない(笑))、非常に実験的で斬新な教育を行っていたことを、やっと具体的に理解した。
革新的とか実験的とか斬新とか、いろいろ表現されるだろうけど、一言で云えば「おもしろい」に集約されるんじゃないか。
「バウハウス」の名称や一般的イメージは知っていても、実情はよくわかっていなかったので、授業内容の説明をしっかり読んだりそこから生まれた作品の実物を見たりして、とても勉強になった。

▼一箇所だけ写真撮影可能だった。

20200903bauhaus3
20200903bauhaus2

いやあ、なくなっちゃってもったいない。
はたしてこれほど「自由」なカリキュラムを有している芸術系教育機関が現存するかどうか(現在は一つもないような気がする)。

とにかく具体的かつ衝撃的な展示で、ひさびさに「堪能」した。

バウハウス展のあとはちょっぴりステーションギャラリー内の鑑賞。

▼階段の壁には古い煉瓦あり。

20200903st_gallery1

あとは上の回廊に「丸ノ内の模型」があり、東京駅創建時(1914)、その50年後(1964)、100年後(2014)と時代の変遷を見られて面白かった。

▼丸の内の模型たち。

20200903st_gallery3
20200903st_gallery2
20200903st_gallery5
20200903st_gallery4
20200903st_gallery7
20200903st_gallery6


お土産に、バウハウス展限定の野帳を買った。
いつになるかわからないけど、次の(長めの)旅行に持っていこう。
展示も、ギャラリー(建築)も、ショップも楽しかった。

▼この展示の公式サイトはこちら(10月現在、西宮市大谷美術館巡回中)
http://www.bauhaus.ac/bauhaus100/exhibition

|

« 【グルメ】刺身屋新太郎 本店のばらちらし | トップページ | 【グルメ】常陸野ブルーイング 丸の内 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【グルメ】刺身屋新太郎 本店のばらちらし | トップページ | 【グルメ】常陸野ブルーイング 丸の内 »