« 【展示】「古代アンデス文明展」(国立科学博物館、東京・上野) | トップページ | 【グルメ】牛カツ専門店 京都勝牛 ヨドバシAkiba »

2017年12月10日 (日)

大怪店のこと


時間が経ってしまったのでごく簡単に(現在1/11)。

10月の京都モノノケ市のときに、お客さんから東京の「大怪店」について教えてもらった。
妖怪専門店である。
戻ってきて落ち着いたころにホームページを見てみたら、ちょうど「西洋妖怪展」という企画の参加募集をしているところだった。
(「西洋妖怪」=日本以外(海外)の妖怪を広く指す……らしい)
「これもご縁かな」と思って、参加を申し込んだ。

というわけで、11月30日~12月10日の期間、ユニット名「珂爾魂(かにたま)」で、「【幻大怪展】×【西洋妖怪展】」の大怪店側企画である《西洋妖怪展》第1期に参加した。

期間中は忙しくて見に行けなかったが、第1期最終日に直接搬出のためお店に伺い、店長さんとお話しすることができた。
「ペルーの大妖怪 カニ魔王」のネタはとても喜んでもらえたようでよかった。
それだけで参加した甲斐があったかな。
この「西洋妖怪展」への参加で、もしかすると妖怪マニアの間に「カニ魔王」の居場所ができたかもしれない??(がんばれカニ魔王さま!)

向こうは向こうで「初めて聞いた!」と吃驚されていたが、こちらとしても昔のモンスターカード(お菓子の明治が出していた?)の中に「カニ魔王」があることを教えてもらえたのが吃驚だった。
なんだ、昔から存在してるじゃん、カニ魔王さま。
これを教えてくれたのは大怪店で妖怪カードを販売しているヒトらしく、モンスターカードは全種類揃えているらしい……コレクションも凄いが、その中にカニ魔王がいたことをすぐ思い出せるあたりもオソロシイ(笑)。

エスキ・ヨルジュにはいまのところ「カニ魔王」くらいしか「妖怪」はいないので(神様とかなら他にもいるけど)、妖怪つながりがどのくらい発展できるかは怪しいのだが、できればここからご縁が拡がって行くといいなと思えた企画だった。
また何か参加できる企画があるといいな。

ちなみに、大怪店へ至る道のりには「入ってみたい」と思える飲食店がたくさんあったので、興味のある人は時間に余裕をもって行かれるとよろしかろう。
大怪店はもちろん、魅力的な空間でありましたよ。
おしまい。

▼大怪店のページはこちら
https://otonoke-enoke.jimdo.com/大怪店/

|

« 【展示】「古代アンデス文明展」(国立科学博物館、東京・上野) | トップページ | 【グルメ】牛カツ専門店 京都勝牛 ヨドバシAkiba »

文化・芸術」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

エスキ・ヨルジュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大怪店のこと:

« 【展示】「古代アンデス文明展」(国立科学博物館、東京・上野) | トップページ | 【グルメ】牛カツ専門店 京都勝牛 ヨドバシAkiba »