« 【グルメ】BISTRO 樽や | トップページ | 練習会&新年会 »

2017年1月27日 (金)

【映画】「高慢と偏見とゾンビ」


時間が経ってしまったので簡単に(現在2/16)。

もともとの上映期間中に見損ねたのだが、新文芸坐がかけてくれたので観に行ってみた。
面白い映画だった。
「ゾンビ」というから、もっとスプラッタ的なキャーキャーうるさいB級ホラーだったらイヤだなぁと思っていたのだが、それらとは一線を画していた。
なお、ネタバレが嫌なヒトはここでストップ(そんな実のある感想を書いてないけど念のため)。


元ネタの『高慢と偏見』をうまくアレンジしてあり、ゾンビ世界観に塗りこめられていながら原作のテイストも損なわれていないところが凄い(冒頭でまず平和に集っている娘さんたちが裁縫か何かの代わりに銃器磨きをしているところからしてよくハマってて可笑しい)。
その意味で非常によくできた映画(主に脚本)だった。
日本と中国に対する困ったチャンなイメージにも笑った。
そしてヒロインが強ぇの強くないのって(笑)。
舌鋒の鋭さって意味でもまぁ強いが、もっとフィジカルに「強い」のが可笑しいんだよ(笑)。
主人公同士(男女)のすれ違う口ゲンカが、ナイフまで使った格闘になっちゃってまあ……(女は中国で少林寺拳法を修得したけっこーな達人で、男の方は現役バリバリの軍人)。

というわけで、面白かったのだが、なんでゾンビと『高慢と偏見』を掛け合わせようと思ったんだ??
だれが思いついたんだ、この脚本?
もしや《名作×ゾンビシリーズ》とかってこれから製作するのか?(笑)

最後の最後まで「ただのロマンスで終わってたまるか」的な監督の気概(?)も感じられる、見て損のない作品だった。

|

« 【グルメ】BISTRO 樽や | トップページ | 練習会&新年会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】「高慢と偏見とゾンビ」:

« 【グルメ】BISTRO 樽や | トップページ | 練習会&新年会 »