« 【舞台】蜷川「冬眠する熊に添い寝してごらん」(シアターコクーン、東京・渋谷) #蜷川 #シアターコクーン | トップページ | 【グルメ】あるでん亭 新宿店 #あるでん亭 #スパゲッティ »

2014年1月22日 (水)

【映画】「エンダーのゲーム」 #エンダーのゲーム


過去のことになってしまった(現在2/12)……ので、観に行った記録だけ。
ちなみにこの映画は先にネタがばれると面白くないと思うので、まだ観ていない方はここでストップ。

古き良きSF、って感じのおはなし。

友人から前もって「ヒドイ話だートラウマだー」と聞かされていたので、まぁ、なんとなく「そーなんじゃないかなー」と見当はついたけど、確かにヒドイ話だった(笑)。
そして「厭な大人」の役をハリソン・フォードが好演。
悪役という意味ではないのだが、魅力たっぷりながら「大人ってキタナイ」と云われる代表格みたいなニンゲンなのだ。
よくそんな厭な役を引き受けたなぁ。原作のファンなのかなぁ。

エンディングは原作と違うらしい。
まぁ、シリーズ作の設定を踏まえつつ、もっと前向きな終わり方になっている。

エンダーの、問題への対処の仕方がいろいろ面白かった。
一見してスマートじゃないやり方も含まれていて、なんというか、よくある「人格者が歩む王道」じゃないところが面白いのだ。
ま、人格者は戦争の局面を変えるためには必要ないからなー、変えられないし。

余談だが、メイザー・ラッカム役のベン・キングズレーが「エイ」の発音をことごとく「アイ」と発してる気がして「なんだろう」と気にしていたら、マオリ族だというので納得した。
オーストラリア英語にわざとしていたのね(俳優さんは英国出身)。

ちょっと映画にまとめるには元が長すぎるんじゃないかと思うけど(さすがにお兄ちゃんお姉ちゃんとの関係が描ききれておらず、特に後者は重要そうな気配)、全体にうまくまとまっていたようだし、面白かった。

|

« 【舞台】蜷川「冬眠する熊に添い寝してごらん」(シアターコクーン、東京・渋谷) #蜷川 #シアターコクーン | トップページ | 【グルメ】あるでん亭 新宿店 #あるでん亭 #スパゲッティ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】「エンダーのゲーム」 #エンダーのゲーム:

« 【舞台】蜷川「冬眠する熊に添い寝してごらん」(シアターコクーン、東京・渋谷) #蜷川 #シアターコクーン | トップページ | 【グルメ】あるでん亭 新宿店 #あるでん亭 #スパゲッティ »