« 【展示】リヒテンシュタイン~華麗なる公爵家の秘宝~展(新国立美術館、東京・六本木) | トップページ | 【舞台】「トロイアの女たち」(東京芸術劇場、東京・池袋) »

2012年12月13日 (木)

【舞台】「祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹」ケラリーノ版(シアターコクーン、東京・渋谷)


1357607783994.jpg

辛口なのでファンは読まないことをお勧め。
ただの個人のぼやきですから。
(しかも見て一か月も経ってから書いてるし……現在1/11)

この年末のクソ忙しい時期に4時間もかかる長い舞台はやらないでほしい……。
マジで。
やるならもっと他の時期にやれや。
会社員をなめんな。
この時期の1時間がどのくらい貴重か知らんのか。
仮に夜の部だったとしても、タイムロスはそのまま睡眠時間削減につながるのだ。

で、その貴重な4時間を割いてまで見に行くべき舞台だったかといえば、NOだ。
面白いのは面白いけど、そこまでの重さはないし、この内容なら2時間半に詰めるべきじゃないのか。

ケラリーノは、私的に演出家としては期待の星なんだけど、脚本はどうかな~。
まぁ、オリジナル脚本はまだこれで2本目なので何ともわからないけど。
「どん底」の演出はよかったので、また別なのを見てみよう。

役者さんはいい感じで粒ぞろい。

美術がよかった。
セットは昔ながらの作りこまれた大道具なんだけど、最先端(?)のプロジェクションマッピングを見せてくれたりして、ちょっと一味違う感じに。
舞台美術は文句なし。

やはり脚本だなぁ。
詰め込みすぎ。
面白いといえば面白いけど、満足感が得られないっちゅーか……。

「満足感」の話からいえば、実は一番不満が残ったのは、「なぜ彼が怪物になったか?」が全然見えてこないこと。
おとぎ話だからと言われればそれまでだが、そこんところの演出家の解釈がちゃんと出ていれば(傾向だけでも)、最後に「ああ」と納得して帰れたはずだと思う。

こうなると、次の蜷川版も4時間コースなのかなぁ……今から時間のやりくり考えとかなきゃ……。

|

« 【展示】リヒテンシュタイン~華麗なる公爵家の秘宝~展(新国立美術館、東京・六本木) | トップページ | 【舞台】「トロイアの女たち」(東京芸術劇場、東京・池袋) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【舞台】「祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹」ケラリーノ版(シアターコクーン、東京・渋谷):

« 【展示】リヒテンシュタイン~華麗なる公爵家の秘宝~展(新国立美術館、東京・六本木) | トップページ | 【舞台】「トロイアの女たち」(東京芸術劇場、東京・池袋) »