« 外灯を除けて煌と目に入る月のまんまる | トップページ | 更地拓けて奪われる予感月も空も »

2011年9月13日 (火)

都市といえど季節は目にする蝉の死骸

としといえどきせつはめにする
せみのしがい


本当は八月につぶやいた詞。
毎日どこかしらで蝉の死骸を目にしてたもので、なんとなく。

|

« 外灯を除けて煌と目に入る月のまんまる | トップページ | 更地拓けて奪われる予感月も空も »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都市といえど季節は目にする蝉の死骸:

« 外灯を除けて煌と目に入る月のまんまる | トップページ | 更地拓けて奪われる予感月も空も »