« 舞台: 「南へ」(東京芸術劇場、東京・池袋) | トップページ | 買い占めは間接殺人 »

2011年3月11日 (金)

東北地方太平洋沖地震

この日だった。

昼過ぎ、仕事をしていたら地震があった。
いつもより大きめで、しかも長い。
揺れている時間も長いが、揺れ幅も長くて気持ち悪い。
さすがに「外に避難しよう」となった(別に走り出たりはしないが)。

外に出てからもしばらく揺れはおさまらなかった。
「東京都で大きな地震がありました。外へ走り出さないでください。落ち着いて行動しましょう」と、区役所の放送が流れる。
ようやくおさまって、やっと中へ入り、気もそぞろのまま仕事再開。
しかして気が散って集中できぬ。
そのうちにまた地震。
これもちょっと大きめなのでまた外に出た。
今度はさっきより短い時間で揺れがおさまった。

このころ、すでに電車はほとんど停まっていた。
(まさか一日中停止するとは思わなかったが)
そして、夕方になっても電車は動かなかった。
JR東日本が早々に「終日停止」を打ち出す。
こうなると、会社に泊まるか歩いて帰るか(3時間くらい?)。

もう暗いし、会社に泊まることにして、明日の昼食にするつもりだった冷凍おにぎりを夕食に食べ、それから「仕事やっちゃえ」と二時間作業した(おかげで次の月曜がラクだった)。
そうこうしながら、ネットで状況をチェックしてたら、ちょうど仕事が終わるころに大江戸線が動いたという情報が入った。
……じゃあ歩くか。

会社から3km弱歩いて、大江戸線の駅へ向かった。
大通りを選んで歩いたから、夜でも明るい。
そして他にもいっぱい歩いてる人がいる。

大江戸線の駅は、思ったほど混雑していなかった。
しかもものすごくラッキーなことに、次の駅で座れた。
だが、そこから先が大変だった。
都庁前駅が混雑しているから、と、駅ごとに30分くらい「時間調整」で停まってしまうのだ。
結局、上野御徒町から東新宿駅へ行くまでに1時間半かかった。

東新宿駅でもやっぱり「時間調整」で停まってしまって、そこから先に動く気配がない。
車内アナウンスで、丸の内線が動いて、しかも深夜運転するという情報を流してくれたので、これ幸いと降りて、そこから丸の内線の駅まで歩いた。
丸の内線も思ったほどには混んでいなかったが、時間の関係で一つ前の駅で降り、そこから家まで歩いて帰った。
深夜の二時帰宅。
でもまぁ、うちの母親は帝国ホテルで帰宅難民してたし(帝国ホテルの対応は素晴しかったらしい)、父親なんかかわいそうに迎えに行こうとして大渋滞に遭って6時間も車に乗りっぱなしだったらしいし、自分はそのくらい軽く済んでよかった。
東京メトロの深夜運転は本当にありがたかった。多謝。

家に帰って早速テレビをつけたが(テレビ無事でよかった~)、東北の様子はどうにもよくわからなかった。
ひどい被害を受けたらしい、くらいしかわからない。
(一晩経ったらずいぶん情報のまとめ方がうまくなって伝わりやすくなってたけど、当初はわかるようでわからないようなことばかりだった。)
津波による惨状を知るのは翌日のことになる。
とりあえず避難用の荷物だけ簡単に準備して、眠った。

この日はこんなだった。

|

« 舞台: 「南へ」(東京芸術劇場、東京・池袋) | トップページ | 買い占めは間接殺人 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震:

« 舞台: 「南へ」(東京芸術劇場、東京・池袋) | トップページ | 買い占めは間接殺人 »