« 展示:大恐竜展(国立科学博物館、東京・上野) | トップページ | ブログ、お引っ越し事情その4 »

2009年6月15日 (月)

PIXTA、始めました

エスキ・ヨルジュではこれまで、旅行先の写真をまとめては素材集として売り出していたが、その写真データをPIXTAに登録してはどうかと友人に勧められた。
PIXTAというのは、ストックフォトのサイトだ。
彼ら自身の言葉を借りて説明するなら、
「PIXTAは国内最大級の低価格ストックフォトサイトです。 写真素材を中心にホームページ素材・印刷用画像素材が豊富に揃っています。 これまでのレンタルポジ(レンポジ)に変わる低価格ストックフォトをぜひご活用ください。」

遅まきながら先月から登録を開始した。
でもまだ14点しか販売開始してない……。
実際にアップロードしてあるのは63点なんだけど、審査中だったり、まだタグを思案中だったり……。
そうなのだ。
販売のための登録作業が結構面倒なのだ(審査も遅いし…)。
何が面倒って、写真ごとに「タグ」を付けるのが、超・超・超・超・超めんどいのだ。

タグというか、昔ながらの言葉でいえば「キーワード」だな。
要するに、データを探しているヒトは、たとえば「盆踊り」なんていうキーワードで検索をかける。
そうすると「盆踊り」をキーワードとして持っているデータがリストアップされて、その中から欲しいデータを選別するわけだ。
だから、できるだけ多くの用語を登録したほうがいい。
しかしながら関係ない言葉は登録しちゃいけない。
この「関係ある」「関係ない」を判別するのが難しい。
タグ付けトレーニングで、ある写真に「明るい」というタグが入っていたから、自分の写真に「おごそか」って入れてみたら、見事にそのせいで審査を落ちた。
むぅ、なんと面倒な。

そんなわけで、歩みはトロイけど、徐々に拡充していきます。
何しろ写真の点数だけならものすごい量あるから、数撃ちゃ当たるにちがいない?(さすがに一定以上のレベルのやつしか登録しないけど)
あるいは、「PIXTAで買うよりは素材集を買ったほうが安い」ってことで、素材集の売上が増えないかしら?(笑)

注: PIXTAで写真データ1点を購入するのと同じ代金(Sサイズ525円、Mサイズ1575円)で、エスキ・ヨルジュ直接販売の素材集が1枚以上買えます(1枚500円~1500円だから)。

ちなみに、PIXTAで提供してくれる「ユーザーページ」は簡単で便利そう。
エスキ・ヨルジュのホームページはしばらくこれを使おうかなー。
必要なものはリンクを貼ればいいし、なんつっても手間がかからない。

▼エスキ・ヨルジュ@PIXTAのページはこちらから

|

« 展示:大恐竜展(国立科学博物館、東京・上野) | トップページ | ブログ、お引っ越し事情その4 »

エスキ・ヨルジュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PIXTA、始めました:

« 展示:大恐竜展(国立科学博物館、東京・上野) | トップページ | ブログ、お引っ越し事情その4 »