« イベント:台東デザイナーズビレッジ 施設公開&クリエイターズフリーマーケット | トップページ | お引っ越し事情3 »

2009年5月24日 (日)

舞台:コンドルズ「白と黒のナイフ」(彩の国さいたま芸術劇場、与野本町・埼玉)

男ばっかり、学ランで踊るダンスカンパニー「コンドルズ」の公演を見てきた。
埼玉スペシャル公演。
もちろん新作(まぁ旧作でも私には新作と同じだが…)。
一度見たいと思ってたんだよね。
チケットもそんな高くないし、思い切って!!

面白かった。
特にコントが(笑)。
いや、ちゃんとダンスも見ましたよ?
でも一番笑ったのはコント(笑)。
だって可笑しいんだもん(笑)。
ミチエ、どうしようもなく可笑しかったよ。
ふじこりんとか、他にもいろいろ。

ダンスも面白かったけど(私は全員一斉に踊るところがやっぱり好き)、あとはパフォーマンスが可笑しかった。
白と黒に分かれて、白いスペースではトロフィー貰って「ばんざーい」ってしている人々が描かれたかと思うと、黒いスペースではホールドアップに会って「バンザイ」しちゃってる人々が描かれたり(笑)。
それから角材を使ったパフォーマンス。
真ん中に一本、角材が垂直に立っていて、それを中心としてもう二本の角材を床に並べると、あっという間に曲がり角になったり、家になったり、綱渡りの綱になったり、トイレの入口になったり(笑)。
角材をパース(透視図)のラインになぞらえて、あれこれドラマが展開しちゃうという、アイディアもののパフォーマンスだった。

全員に配布しているパンフを見たところ、ほとんどのメンバーは「二足の草鞋」なんだね。
「まっとうなコンテンポラリーダンサー」と書かれていたのはミチエさんだけ(ごめん、もうカオを見るとミチエとしか思えないかも……強烈すぎて)。
しかももう一方の草鞋が、社長だったり監督だったり、なかなかのものである。
その合間にコンドルズをやってるのね。
「がんばれ、ふつーのオジサンズ」と心の中で応援(笑)。

主宰の近藤良平は、踊りが見ていて軽やか。
躍動感があるので、手足も長~く伸びて見える(笑)。

最近は野田秀樹の舞台に出たり(「パイパー」は凄かった)、NHKの「サラリーマンNEO」でサラリーマン体操を披露したり、コンドルズもだんだんメジャーになってきた。
でもここの会場がコンドルズを引っ張ったのは、彼らの名前が世に出る前から。
キリアンとかケースドゥマイケルとかヤン・ファーブルとかも定期的に呼んでるし、
ダンスに関してはかなりの目利きがいるらしい。
おかげで私も、お安くのんびりと楽しい舞台を見ることができた。
場所はちょっと(かなり?)遠いけど、このゆとりは捨てられない。

|

« イベント:台東デザイナーズビレッジ 施設公開&クリエイターズフリーマーケット | トップページ | お引っ越し事情3 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舞台:コンドルズ「白と黒のナイフ」(彩の国さいたま芸術劇場、与野本町・埼玉):

« イベント:台東デザイナーズビレッジ 施設公開&クリエイターズフリーマーケット | トップページ | お引っ越し事情3 »