« またまた | トップページ | エクセルの馬鹿 »

2002年9月 2日 (月)

ファン

「夏の夜の夢」を観に行ったときのこと。

どうもいつもと客層が違う。変だ~、ヘンだ~と思っていた。
舞台が始まってから気づいた。
「ハッ。もしやだれかアイドルが出てる?」
ハイ、出てました。
リュシフェルとかゆーバンド(?)のMAKOTOとゆー男が。
その追っかけが非常に多かったらしい。

なかでも特徴的なファンには、全部が全部そうじゃないのだけれど、こんな共通点が。

・フリフリ少女趣味のお洋服
・不自然で、作ったような笑い方
・双眼鏡常備(席が前のほうであろうとも)

どちらかといえば幼い女の子が多かったが、もちろん、社会人なみの年齢でフリフリドレスを着ていらっさる方も。
あとは、中学生くらいの女の子が、お母さんと一緒に来ているのも目立った。一人で観に来る許可を得られなかったか、財布の都合か(笑)。

まぁ、若い彼らがこの機会に舞台の面白さ、シェークスピア作品世界の豊かさなんかに開眼してくれるといいと思う。
でもあの耳障りな笑い方だけは勘弁して。
ホラー映画のモンスターが登場するときのような作った笑いは。

肝心のMAKOTOは、本職じゃないので仕方ないが、一人だけ見事に棒読み・一本調子だった。
でもあれだけ長い台詞を全部覚えてとちらなかったし、身振りやタイミングは皆のレベルに合わせるよう頑張っていたし、舞台としてちゃんとまとまっていたから、好演していたと申せましょう。
で、その彼をライサンダー役に持ってくるとは。
当たり前といえば当たり前かもしれないが、憎い。
(シラノでいうクリスチャン役に通ずるものがちょっとある、そういう役どころ)

|

« またまた | トップページ | エクセルの馬鹿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファン:

« またまた | トップページ | エクセルの馬鹿 »