« 映画:「千と千尋の神隠し」DVD | トップページ | 付箋 »

2002年7月21日 (日)

映画:「ヴィドック」

ビデオを借りて見た。
フランスの映画だ。
ひと昔前は、「フランス映画」ってゆーと、格調高い麗しい映画ってゆーか、「人生ってナニ?」みたいな重厚な映画をイメージしたものだ。
まぁ、本当は以前から「赤ちゃんに乾杯!」(「スリーメン&ベビー」の原作)みたいな楽しい映画も作ってたのかもしれないんだけど、何しろ「アンチ・ハリウッド」みたく娯楽色のない作品の方が目立っていたので、「フランス映画」(ないし「ヨーロッパ映画」)と言えば皆、難解で静謐で美的な作品と思ったわけだ。

でも最近は違う。
最近はアクション系やら、もっと娯楽色の強いものがどんどんのしてきている。
同じアクションでもアメリカ式と違っていて面白い。
正確に言えばこの「ヴィドック」はアクションではないが、娯楽色の強い部類に入ることは確かだ。

ヴィドックは、19世紀の探偵。
雷を利用した殺人事件の調査を任され、その背後に鏡面のマスクをつけた男(?)の存在を知る。
徐々に包囲を狭めて追い詰めていくが……

なんと、主人公のヴィドックが死ぬ場面から始まっちゃう。
「どーすんだ、このあと…」と思っていると、まぁ、うまいこと回顧でつなげていって、最後にちゃんと時制が現在に戻る。なかなか見事。
映像がまたすごい。わけわからないのに、美麗だったりして。どうわけわからないのかは、ご自分でご覧下さいね。
まぁ、フランス映画はどれもそうだが、映像にはひとつテーマがあって(この映画は「ゴシック」かな)、それにのっとって全部作られている。それがまたものすごいこだわりようなのだ。

しかし、なんといっても、ヴィドック役のジェラール=ドパルデューでしょう!
しぶい!! かっこいい!! どこにでもいそうな中年親父のくせに!!(笑)
このひと、大好きなんだ。たぶん、今いる男優の中で一番好き。
他の役者さんもうまいですよ、もちろん。
まぁ……なんつーか……無駄も多いし(誉め言葉だ)、アメリカでは絶対に作れない映画だな、こりゃ(笑)。

▼この作品(DVD)はこちら
ヴィドック [DVD]

|

« 映画:「千と千尋の神隠し」DVD | トップページ | 付箋 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画:「ヴィドック」:

« 映画:「千と千尋の神隠し」DVD | トップページ | 付箋 »