« 餃子パーティ | トップページ | 坂本龍一ピアノワークス2★岡城千歳 »

2002年4月30日 (火)

暗い気持ち

今日は新人研修があった。
なぜか私も30分ほど喋らなければいけなくて、今年は出版の歴史あたり話してお茶を濁すことにした(濁すなよ‥‥)。
それで、百科事典あたりから出版についての知識を仕入れて、まとめの部分だけ考えて、あとは行き当たりばったりで喋ったのだが‥‥

別に新人研修自体に問題はなかった。と、思う。
それより、なんとなくいやぁなことを考えてしまった。
「いやぁなこと」というほど重要なことでもないのかもしれないが‥‥

新人たちには以下のようなことを話したのだが‥
出版が現在のような形を取るに至ったのには、もちろん、技術的革新が必須だった。すなわち、素材(紙)の洗練、大量生産機器の開発、そして流通システムの確立である。
しかし、何よりも近代的出版が成り立つために重要だったのは、受け手の爆発的増加である。
すなわち、市民階級の台頭と、彼らの知識欲の膨張、それに続く知識階級の飛躍的拡大である。
大衆と呼ばれるひとびと(つまり我々)の「知識を得たい」という渇望がなければ、どんな機械が生み出されようとも、恐らく出版業界は成り立たなかった。
だから、社会全体のニーズに気を配りなさい、という締めを用意していったのだ。

現代の書籍を成り立たしめているのは、一昔前までのひとびとの貪欲な「知識欲」である。
だが今現在、そのような「知識欲」が社会に見当たるだろうか?
先に言っておくが、情報と知識とは違う。
情報に対する渇望はあっても、知識に対する渇望は消えかけていると、私は思う。
そうでなければ『知の●●』といった本が売れるわけがないのだ。
逆説的だが、そうなのだ。『知の●●』的な書籍が売れるということは、「知識みたいなもんを楽にゲットしたい~」的な思惑が社会を占めているということに他ならない。
真に、「知識」そのものを求める人間は、何をどこからどう識るべきかを自分自身のうちにもっており、『知の●●』式のガイドブックを読む必要がない。

で、何が「暗い気持ち」かというと‥‥
「知識欲」の減退は「本」の減退につながるだろうということだ。
メディア(電子・紙)の問題も確かにある。けれど、本質的な問題は、こっちではないのか。
2000年も続いてきた「本」そのものが消えるとは思わない。
ただ、「人類にとっての共有財産」がだれにでも開かれている、今までの麗しい状況は、維持できなくなるのかもしれない。
そんなことを考えて、新人研修の後に(研修は明るくやりました)暗い気持ちになったのだった。

|

« 餃子パーティ | トップページ | 坂本龍一ピアノワークス2★岡城千歳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗い気持ち:

« 餃子パーティ | トップページ | 坂本龍一ピアノワークス2★岡城千歳 »