« 帰ってきたiMac | トップページ | 本日のヨタ話 »

2002年4月 2日 (火)

この話はまだだっただろうか? まだしていないと思うのだが‥‥

現在、家の裏にある柳が青々しい。
朝、家を出がてら見るにつけ、若葉が「萌え出る」とはこのことかと思う。
明るい緑の葉が、本当に燃え(萌え)ているかのようだ。

実はこの柳くん、私と同い年である。
先年、根が大きく張りすぎて、下のコンクリ塀を破壊しそうになった。
植木屋さんに「切ったほうがいいよ」と言われ、一旦丸坊主にしてもらった。
枝を切って勢いを矯めてやると、根っこもおとなしくなるんだそうだ。
ただし、丸坊主にするとき、もしかするとこのまま死んでしまうかもと言われた。
同い年のヨシミで何となく親しみがあったので、ずい分心配したものだ。
次の春にしょぼしょぼと緑の芽が出ているのを見つけたときは、本当に嬉しかった。
木は強い。

最近では、以前ほどではないにしろ、かなり勢いを取り戻して枝葉を伸ばしている。
また剪定しないとやばいかな、という感じである。
ホント、木は強いわ。

|

« 帰ってきたiMac | トップページ | 本日のヨタ話 »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 帰ってきたiMac | トップページ | 本日のヨタ話 »