« 泣ける絵本 | トップページ | スキンシップ »

2002年3月26日 (火)

桃の花

うちには桃の木がある。すでに満開、いや、散り始めている。葉っぱも出始めている。
よくよく見ると桜や梅よりやや大ぶりな花は、ぼんやりした印象がある。
一つ一つの花を近くで見ると、綺麗だなぁと思う。
それはそれは綺麗な桃色をしている。
桃は桜や梅と違ってそこら中で見かける木ではないし、時期もイメージもご両名の「中間」みたいに思われるところがあるが、きちんと桃には桃の顔がある。
大雑把に言えば、桜みたいにしわしわした感じがなく、梅みたいに蝋のように見えることもない。
ふっくらして大らかな感じのする花だった。

夏になると実がなる。別に間引いてやったりしないので、小さな実のままだ。
(間引くと養分が集中して大きくなるらしい)
私はあまり食べないけれど、ちゃんと食べられて桃らしい味もするらしい。

|

« 泣ける絵本 | トップページ | スキンシップ »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桃の花:

« 泣ける絵本 | トップページ | スキンシップ »