« クラシック離れ | トップページ | 郵便事故 »

2002年1月12日 (土)

ラグビー大学選手権

決勝である。
うっかり忘れてて、前半を見損ねてしまった(涙)。

関東学院大学×早稲田大学という、決勝では初顔合わせのカード。
でも準決勝では顔合わせしてるよね。
まだ仙波が関学の学生で生きていた頃、「あとちょっと」というところで「試合巧者」の早稲田に負けちゃったんだよね、関学は。忘れられない。

後半しか見られませんでしたが、面白いゲームでした。
もう、すぐにボールがあっち行ったりこっち行ったり、地域もあっちのゴール前でごちゃごちゃやってたかと思うと、いきなり反対側のゴール前まで移動しちゃったり。凄かった。

関学はいつもより反則が多かったのが気になった。それだけ早稲田に翻弄されていたってことだろうか。
逆に早稲田は、伝統のバックスがいいことはいいんだけれど、関学のフォワードにプレッシャーをかけられてか、「ここぞ」というところでパスミスが出たり、もったいない場面が多かった。あとは最後のほうでタックルが甘くなっちゃって‥。
まぁ、しかたないか。
早稲田はラインアウトでは奮闘してたし‥‥数年前は「ラインアウト」と言えば関学だったんだけど。時の流れるのは早い(笑)。
どーでもいーが、関学、最後のペナルティゴールの選択はいただけなかったぞ。点数の入る確率が低すぎる。もし時間稼ぎのためにやったなら、最低だ。時間稼ぎもゲームのうちではあるけれど、学生のうちからそんなことやってほしくない。

結局、関学が勝ちましたが、最後までどうなるかわからないハラハラドキドキのゲームでしたね。
一昔前までは「シャンパンラグビー」と言えばフランスチームしかやってなかったのだけれど、最近はみんなこのスタイルになってきたみたい。

|

« クラシック離れ | トップページ | 郵便事故 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー大学選手権:

« クラシック離れ | トップページ | 郵便事故 »