« 氷の世界 | トップページ | 舞台:蜷川「身毒丸」★彩の国さいたま芸術劇場 »

2002年1月29日 (火)

羊のねだん

N駅前に、帰りの時間になると居酒屋の小さな立て看板が出る。地酒と料理の美味しい居酒屋だ。
ほぼ毎日立っているその立て看板に、張り紙があったので見てみたら、こう書いてあった。

   「地酒 羊額」

羊か!? 羊で払うのか!?(がーん!!) まさか一杯につき一匹じゃないよな?
しかし地酒一本に羊一匹としても、結構割高ではないか?
子羊(ラム)でもいいのか? 大人の羊(マトン)限定?
で、羊、どーするんだ? 冬のお友達にするのか? 布団で一緒に寝る?
それともその場で捌いて料理を出してくれるのか?

いろいろ想像して楽しめた(笑)。
(要は「半額」の間違いだろうが‥‥)
校正で赤字を入れたかったが、「羊額」の部分が既に朱書きされているので、入れられなかった。
なんてね(笑)。

|

« 氷の世界 | トップページ | 舞台:蜷川「身毒丸」★彩の国さいたま芸術劇場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羊のねだん:

« 氷の世界 | トップページ | 舞台:蜷川「身毒丸」★彩の国さいたま芸術劇場 »