« ラグビー社会人決勝戦 | トップページ | 二重瞼(ふたえまぶた) »

2002年1月15日 (火)

ライブ:MR.BIG★ライブレポート

■出演:MR.BIG
■会場:SHIBUYA AX(原宿・渋谷駅)
■日時:2002年1月15日(火)19:00~

風邪引いてうっかり忘れていたけれど、そういえば今日はコンサートなのであった(笑)。
日本ではわりとポピュラーなロックバンド、MR.BIGのファイナルコンサートである。
(本当のファイナルは2月にあります)
最初、チケットを買ったときにはまだ「ファイナル」じゃなかったんだよね。
買った後に突然ビリー=シーンが「もうやめる」って言い出して、「ファイナル」になってしまったのだった。
まあ、それはおいといて。

実は私、このグループのコンサートは初めて。Vo.のエリック=マーティンと、昔のG.のポール=ギルバートは、ソロライブみたいなのを見たことがあるんですが(我ながらヘンなもの見てるなぁ)。
ポール=ギルバートは数年前に脱退して、今はリッチー=コッツェンがG.担当。
リッチー=コッツェンって、アルバムジャケットとかで見る限り、とっつきにくそうとゆーかギタリストにありがちなプライドの高い奴ってゆー印象が強かったのだけれど、あにはからんや、会場で見たらヒトの好さそうなお兄ちゃんだった。
そんな、会場で見るっても何メートルも離れてるんだし、別に何か喋るわけでもないんだから、どーしてそーゆー印象を受けるのか自分でもよくわからないのだが、とにかく「いいヒトそう」と思ってしまったのだった(笑)。

内容は、よかったです。何しろ無駄なMCを一切入れない。人も楽器も歌って歌って歌いまくる。
もちろんそれぞれの楽器のソロもきっちりありました。

意外だったのは、一番クールに見えるビリー=シーン(B.)が一番テンション高かったこと(笑)。
逆に、一番ハイになりそうだと思っていたリッチー(G.)は、割と冷静とゆーか、己を失わない感じだった(別に悪い意味ではナイ)。ホラ、よくいるじゃん、若手のギタリストでさ~、「あっ、こいつこのまま泡吹いて倒れそう」って、見てて不安になる奴が(笑)。そういうところがなくて、私なんかは安心して見ていられました。

エリック(Vo.)は、最初は今一だったけど、だんだんノッてきて良くなってました。
ロックのヴォーカルって、如何に叫びを届けるかだとワタクシは思っているので(ただシャウトすりゃいいってわけじゃありません)、その意味でこの人はなかなかいいヴォーカリストかな。
パット(Dr.)はね~、時々指のテープを巻きなおしているのか、手を気にしているようで、こっちも気になりました。手の皮が剥けてるんだろうかとか、指を骨折してるんだろうかとか(笑)。もっとも演奏はそんなこと全く感じさせませんでしたが。

ファイナルということで、ファンへのサービスで古い曲が多かったかな。
私としては、もうちょっと新譜の曲を取り入れて欲しかったなぁ。せっかく予習したのに(笑)。
いや、予習したからってわけじゃなくて、新譜で「生で聴きたい」って曲を聴けなかったのでね。
そんなところです。

|

« ラグビー社会人決勝戦 | トップページ | 二重瞼(ふたえまぶた) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライブ:MR.BIG★ライブレポート:

« ラグビー社会人決勝戦 | トップページ | 二重瞼(ふたえまぶた) »