« 伊勢丹美術館のスケジュール★メモ | トップページ | 舞台:蜷川★「四谷怪談」 »

2001年12月18日 (火)

電気ネコは電気毛布の夢を見るのか?

「電気ネコ」を知っているだろうか?
(知ってる人はかなりマニアックな……いえいえ、むにゃむにゃ)
「中村犬蔵」と名乗る一般人(?)が膨大な時間をかけて作り上げ、今なお展開中(と私は信じる)のキャラクターである。

「電気ネコ」というくらいなのであるから、電気で動くのであろう。
テーマソング(笑!)を聞くと「流れる電流~、60ワットぉ~」と歌っているから、稼動には60ワットが必要なようだ。
60ワット電球を思い浮かべて欲しい。つまり、あの程度の仕事ができる(しかできない)ということである。

しかし、この言い方は電気ネコには失礼かもしれない。
何しろ電球は喋らない。話を聞いて誤解したりもしない(電気ネコはほとんどすべての言葉を理解でなく誤解する)。
電球はスイッチを入れている間、そして電力が供給される間、ただその場を照らすだけである。
しかし電気ネコは…電気ネコは……そういえば電気ネコは何をしているのだ??? よくわからぬ。

そうそう、一つだけ確かなことがある。
それは、「いかなる場合でも電気ネコは決してヒト(もといネコ)の役に立つことはしない」ということである。
……やっぱり電球のほうがありがたいかも(ボソッ)。

あまりにも馬鹿馬鹿しいこのキャラクターは、あまりにもマニアックな一部のファンによって日本海溝よりも深く愛されているが、さらには「電気ネコ専門店」までできていた!!(知らなかったのは私だけ?)
こちらがその恐るべき「電気ネコshop」である。

新商品は電気ネコトートバッグである。ふつーのトートバッグで、ちゃんと役に立ちそうだ。……電気ネコらしくないかも。マニアなファンには不満が残ろう。
初心者にはCD-ROMをオススメする。あまりのくだらなさに「これは笑うしかない」と覚悟を決めることができるだろう(意味不明)。是非堪能してほしい。

どーでもいーけど……コーシンってやっぱりヘンな会社(ボソッ)。

|

« 伊勢丹美術館のスケジュール★メモ | トップページ | 舞台:蜷川★「四谷怪談」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電気ネコは電気毛布の夢を見るのか?:

« 伊勢丹美術館のスケジュール★メモ | トップページ | 舞台:蜷川★「四谷怪談」 »